おうち時間は箱モノ×ルーパーで楽しむ。

時代にあったギターの遊び方

今の時代、今だからこそできる音楽の作り方や楽しみ方。
フーチーズはあなたの「おうち時間」を彩るのに最適なギターや周辺機材をご提案します。
今回提案させて頂くスタイルは「箱モノ×ルーパー」
Crews Maniac Soundならではのエッセンスを凝縮したフルアコ/セミアコギターに、ルーパーを掛け合わせた、贅沢なサウンドでの「ひとり遊び」。
今は「おうち」でも、ここから新しい音楽が芽生える可能性があるかもしれません。

感性の赴くままにフレーズを重ねていく楽しさ。


以前から当店のYouTubeチャンネルにアップしている「ひとり遊び」シリーズ。
自分で演奏したフレーズにさらに音を重ねていく感覚は、あたかも自分のギターや機材と対話していくかのような楽しさに溢れています。偶発的な音の重なりが、新しい発見に繋がる事も。
皆さんも体験してみませんか。

オススメ機材集

Crews Maniac Sound CP-01

P-90ソープバータイプのピックアップを1基搭載した、シンプルながら抜群の生鳴りとトーンが魅力のフルアコ。深みのあるクリーンでのジャジーなアプローチは勿論、歪ませてのブルージーなフレーズや、スライドプレイでも存分に存在感を発揮。鳴りを考慮して採用したノンカッタウェイスタイルが逆に「新しい」、弾き込む程に味わいが増すCrewsの意欲作。

Crews Maniac Sound Reunion Series

セミアコの固定概念を覆す、Crews VINTAGE LINEシリーズの人気モデル。”オリジナル1964年モデル”を忠実にサンプリングしつつ、さらにCrewsならではのエッセンスを注入。アコースティックな生鳴りもさることながら、ニュアンスを活かしたドライブサウンドでもプレイヤーの個性に余す事なく追従。メロウなプレイから情感昂るロック、果てはファンクのカッティングにもマッチするスピード感を持ったサウンドを放つ。あらゆるジャンルで”使える”セミアコの名機。

Crews Maniac Sound GBNY-1

トラッドなルックスながら随所に新機軸を盛り込んだ、他にはないスタイルのセミアコ。クリアで素早い音の立ち上がりが持ち味で、クリーンサウンドはネオソウル系のアプローチにはもちろん、歪ませても音がもたつくことなく、レスポンスのいい響きでプレイヤーの感性を刺激する。フィンガーテイルピースver.は軽やかな倍音が特徴、ストップテイルピースver.はよりタイトなサウンドに。

tc electronic Ditto LOOPER

ワンノブ・ワンフットスイッチというシンプルな構成が扱い易いルーパーの代名詞的モデル。非圧縮24ビットオーディオ処理で高音質なループサウンドを構築可能。「ひとり遊び」的なフレーズを重ねてのプレイはもちろん、普段の練習、ライブでの飛び道具等….アイデア次第で様々な使い方も。トゥルーバイパス/アナログドライスルーというギタリストに嬉しい機能も、音にこだわるtc electronicならでは。

HGT HG-AMP III Reverb・フーチーズ別注モデル

18W出力のツイード・チャンプサイズのフルチューブアンプ。本機の真骨頂はフルドライブさせた強烈なドライブサウンド。ドライブは保ったまま、かなりの小音量までコントロールが可能で、ボリュームを下げても音の太さは失われない。さらにフーチーズ特注仕様としてクリーンモードを搭載。濃厚なクリーンサウンドも楽しめる。アキュトロニクス製リバーブも装備し、まさに自宅で極上のサウンドでプレイしたい方にベストマッチするコンボアンプ。

VOX MV50 Series

次世代真空管「Nutube」を搭載した最大50W出力の超小型アンプヘッド。「Clean」「ROCK」「AC」「Boutique」「Metal」の5タイプのラインナップ。いずれもサイズからは想像もつかないほどパワフルで良質なチューブサウンドに仕上がっている。その携帯性を活かしてライブユースの現場に持ち歩いてもよし、「おうち時間」的にライン/ヘッドホンアウトに接続してもよし。ブライアンメイ・フリークならACタイプを3台揃えてレッツエンジョイ。

OX AMP TOP BOX

例えば「自宅に最高のアンプがあるのに、求めるサウンドはかなりの大音量でないと出せない」時。Universal Audio OX | AMP TOPがその悩みを全て解決します。インピーダンス切替可能なパワーアッテネーターとアンプの挙動を再現するリアクティブ・ロード・ボックス、ダイナミック・スピーカー・モデリングを内蔵。スピーカーキャビネット要らずで、手持ちのアンプサウンドをスポイルすることなく、自宅使用に最適な音量でプレイすることが可能。ハイレベルなコンプレッサーにイコライザー、リバーブやディレイも装備し、あなたの「おうち時間」を最高のサウンドで彩ります。

「ひとり遊び」の可能性は無限大。

今回ご紹介してきたギターはいわゆる「箱モノ」。温かいサウンドと、歪ませてもニュアンスが映えることからフーチーズでは「箱モノ」を推していますが、もちろんソリッドギターやアコースティックギターを使っても「ひとり遊び」は可能です。シンセにルーパーを繋いで広大な音世界を構築するのも、贅沢な「おうち時間」になることでしょう。あなたのアイデアとセンスで、よりよい「おうち時間」をお楽しみください。

何かお探しですか?