SEMI/FULL ACOUSTIC GUITARS

Crews Maniac Sound Reunion Series

Reunionは”オリジナル1964年モデル”をサンプリングしました。ネックの厚さが音に与える影響は、良い楽器になるほど比重を増します。音の一番大切な立ち上がりに関係するからです。グリップが薄いとトーンはブライトに、逆にグリップが厚いとファットになる傾向があります。これを踏まえて絶妙なバランスを持っているのが1964年モデルです。これに強度とトーンを意識しヘッド・バックにはボリュートを採用。、力強くもヴィンテージ楽器の様な立ち上がりの良さが感じられます。ReunionⅡではクルーソンタイプのブラスポストペグKEY’STONEを採用し軽やかな鳴りを追求。今すぐ現場で使いたいセミアコースティックギターです。

Crews Maniac Sound GBNY-1

クルーズが提案するNEWスタイルのセミアコースティック。2ピース・メイプルネック、エボニー指板にミディアム・スケールを採用しています。歪ませたサウンドでもレスポンス良く、コシのあるトーンはこのネックから生み出されます。ホロウ構造ならではの鳴り感、クリアで素早い立ち上がり、タッチレスポンスの良さなど、ジャンルを問わずモダンなスタイルにも対応。トラッドなルックスながらもどこか都会的なイメージを持つギター。フィンガーテイルピース/ストップテイルピースと2種のバリエーションがございます。

Crews Maniac Sound CP-01

CP-01はソープバーピックアップをネック側に1基搭載した、シンプルで抜群に鳴りの良いフルアコースティックギターです。60年代のブルージーなエレクトリック・アーチトップを連想させる本機は16インチ幅、そして1-3/4インチ厚のシンライン・サイズながら、あえてノンカッタウェイで仕上げたクルーズならではの拘りが強い存在感と共に伝わってくる1本です。

何かお探しですか?