【SOLD】VOX AV15

メーカー:VOX
型番:AV15

通常価格:30,000円(税別)

展示品特価:¥18,500(税別)


アナログ回路で構成された複数のサウンドを持つアンプ!!

モデリング・アンプと言えば「デジタル技術で往年の名機アンプ・サウンドを再現する」というのが一般的だ。老舗アンプ・ブランドのVOXからも、VXシリーズ、VTXシリーズなど複数のデジタル・アンプ・シリーズがラインナップされている。そんなVOXがまた別の手法でアンプを生み出した。このAV15を筆頭にバリエーエションを揃えるAVシリーズは、アナログ回路で構成された複数のサウンドを持つアンプだ。

 このアンプには8種類のアンプ・キャラクター(プリアンプ)が搭載されている。しかも、アナログ回路によって8台分のプリアンプ回路がこのアンプの中に納められている。アンプ8台? そう、VOXの技術によってダウン・サイジングしたリアルなプリアンプ回路を使用した、新しい発想のアナログ・アンプなのだ。そのアンプの種類は定番のアメリカン・クリーンからVOX伝統のAC15/AC30モデル、そしてブリティッシュ・スーパーリード・サウンドやモダン・ハイゲイン・サウンドまでもが用意された。

 さらにVOXのこだわりとして真空管(12AX7)が搭載されており、プリ部/パワー部での真空管の回路特性をモディファイできる4つのモード切り替えスイッチを備えている。まずプリ管に対して、高域をブーストする「BRIGHT」と低域をブーストする「FAT」2つを備えており、あらかじめ選択したアンプ・モデルのサウンドに味付けを加える事ができる。BRIGHTをONにすると歪み感が上がったりするのもリアル・アンプならではの反応だと言えるだろう。

 そしてパワー管に対しては「BIAS」と「REACTOR」という2つのスイッチを備えている。「BIAS」では真空管の動作点を変更することで、クリアでモダンなサウンド(ノーマル)と、どちらかと言えば歪みやすいビンテージ感溢れるサウンド(ON時)を選択可能だ。そしてもうひとつ、聞き慣れない「REACTOR」というスイッチは、簡単に言ってしまえばパワー・アンプ部の帰還量とダンピング・ファクターを切り替えることで、よりダイナミックでワイド・レンジなキレのあるサウンドを得られるモードだ。これらのスイッチはマニアックな仕様ながら、アンプ・モデルによって作られたトーンをさらに追い込むサウンド・メイクには必須のポイント。このスイッチの組み合わせを変えるだけでサウンドは大きく変化し、さらに多彩なバリエーションを楽しめる。

 エフェクトも必要度の高いモジュレーション、ディレイ、リバーブを搭載している。それぞれ独立してエフェクト効果の深さやタイム、フィードバック量を調整する事も可能だ。

【スペック】
●プリアンプ回路数:8(クリーン1、クリーン2、クランチ1、クランチ2、OD1、OD2、ハイゲイン1、ハイゲイン2)
●真空管:12AX7×1
●エフェクト数:3(MOD、ディレイ、リバーブ)
●コントロール:プリアンプ・サーキット、ゲイン、トレブル、ミドル、ベース、ボリューム、パワー・レベル、エフェクト(MOD、ディレイ、リバーブ各SW)、プリアンプ(ブライトSW、ファットSW)、パワー・アンプ(バイアスSW、リアクターSW)
●入出力端子:INPUT端子、ヘッドホン端子、AUX IN端子
●パワー・アンプ出力:最大約15W RMS@5Ω
●スピーカー:オリジナル1×8インチ(5Ω)
●電源:付属ACアダプター(DC12V)
●消費電流:2.50A
●外形寸法:450(W)× 234(D)× 377(H)mm
●質量:7.7kg

全国通販対応。在庫とお問い合わせはshop@hoochiesまでお気軽にどうぞ。
お電話の場合は03-5428-6739(渋谷店)まで

Scroll to top