Strymon VOLANTE

販売価格:48,600円(消費税込)

VOLANTEは、マグネティック・ドラムエコー、テープエコー、スタジオエコーの3タイプが可能なマルチヘッドディレイです。
ルーパー(サウンドオンサウンド)機能やスプリング・リバーブも加え、そのサウンドはまさに天空からの響き。無限のサウンドメイキングをお楽しみください。

VOLANTEのアンビエントなエコーとオーガニックなフィードバック、わずかな歪みが、あなたが奏でる楽器を別の世界に誘います。

基本となるサウンド

マグネティックドラムエコー(ビンソンタイプ)は明瞭でありながら減衰音が少しサチュレートしたサウンドで、広がりのあるエコー/リヴァーブサウンド。

テープエコーはその名の通りエコプレックス系の太いサウンドが特徴。揺らぎ感を加えればサーフ系にベストマッチ。

スタジオエコーはメグネティックエコーをさらにリッチに、明瞭にブラッシュアップした印象。原音に忠実な初回のエコー音から徐々に薄れていくエコーサウンドは使いやすく個性的です。

選べるアウトプット・スピルオーバー機能

出荷時はトゥルーバイパスとなっていますが、バッファードバイパスも選択可能です。この場合、スピルオーバー機能がONになり、プリセットの切り替えやバイパス時にエフェクト音を残すことも可能になります。

FAVOLITEスイッチ

リズミックなエコーサウンドをバッキングに採用し、リード時はシンプルなシンプルなエコーサウンドが欲しい、という皆さんは多いことでしょう。FAVORITEスイッチに本体の設定をもう一つメモリーすることが可能なので、2種類の全く異なるセッティングを切り替えて使用することができます。また、別売のマルチスイッチPlusをエクスプレッションジャックに接続すると、3プリセットまたはSPEEDスイッチのリモートコントロール、トランスポート、サウンド-オン-サウンドモードのスイッチ機能のいずれかを追加できます。

LINE入力対応

VOLANTEは、入力レベルの切り替えスイッチで異なる入力ソースに対応できます。INSTポジションはギター等の楽器、LINEはアンプのfxループやシンセ(or ミキサー)の信号レベルに対応します。楽器だけではなく、スタジオ機としても使用していただけます。

隠しコントロール

VOLANTEをはじめ、strymonのエフェクターには表には見えない裏コントロールが存在します。例えばプレイバックヘッドの1と3はアウトプットLから、2と4はアウトプットRから出力する…など。他にもスプリングリヴァーブのディケイ(残響の長さ)などを調整することも可能です。

MIDI対応

VOLANTEにはMIDI INとMIDI OUTが装備されています。オーディオスイッチャー(ルーティングシステム)など、MIDI情報を送ることができる機器をお使いの場合、最大300のプリセットをVOLANTEに記憶させ、呼び出すことが可能です。

Scroll to top