Crews VINTAGE LINE ST-60 SLAB Light Aged OWH w/ K&T HS-62 VBC

OHW finish X Tortoise shell pattern pickguard

全てにおいて手を抜かず、奇を衒わず、当たり前にハイグレード
音色と弾き心地で勝負した正に「クルーズらしい」ギター

販売価格:¥495,000(消費税込み)

Crews VINTAGE LINE ST-60 SLAB Light Aged OWH w/ K&T HS-62 VBC

Crews VINTAGE LINE ST-60 SLAB Light Aged OWH w/ K&T HS-62 VBC

¥495,000

今すぐ購入する

クルーズマニアックサウンド/ヴィンテージラインは、モデル毎に指定された貴重なトーンウッドを贅沢に使用したプレミアム・ラインとも言えます。こちらのST60シリーズはスラブ張りのブラジリアンローズウッド、剪定されたハードメイプルをネックに、ワンピースのアルダーをボディーに採用しています。ブラジリアンローズウッドの木琴の様な音色はまさに「トーンの要」となるアタックの存在感に重要です。ローズウッドのサスティーンを持ちながら、明るいアタック音が特徴です。ボディーはワンピースアルダーらしく音に広がりが感じられます。ネックのサウンドを軸として、豊かな余韻を生み出します。ネックシェイプはミッド60’sのスッキリとしたCシェイプで、カスタムコンポーネントギターブランドが80-90年代に採用した「ややスリムでちょうどいい肉厚」のシェイプとなっています。指板Rはヴィンテージよりも緩めで、弦高アクションを低めにセットしてもハイポジションのベンドで音詰まりが感じられる事などはないでしょう。

ピックアップはK&Tに特注したスペシャルデザイン。HS-62の「H」はHoochie’sの頭文字で、この仕様はブリッジピックアップに一手間をかけてもらっています。

K&Tシングルコイルの人気モデルはS60ですが、S62ではややロー感をそぎ落とし、代わりにスピード感と音ヌケの良さを感じられます。コンプレッション感も適度に感じられ、ブルースからロック、フュージョンスタイルにもハマるサウンドです。さらに今回のピックアップではピックアップのリード線にN.O.Sのベルデンワイヤーを使用しています。これにより、さらに低域から高域の音の分離が良く、スッキリしていながらやや「枯れた」フィーリングも持たせています。この辺りのチューニングの妙はさすがK&Tです。

ハードウエアはGOTOH GE101ヴィウンテージスタイル・ブリッジに加え、KEY’STONEのFS-DLX ブラスポストペグなどを標準装備。アッセンブリーはクロスワイヤ、CRLスイッチ、CTSカスタムカーブ・ポット、NOSコンデンサをインストール。

新デザインのハードケースにもご注目ください

SPEC

・Weight:3.5 kg
・Body:1Piece Alder Body
・Neck:1Piece Hard
・Finger Board:Brazilian Rosewood
・Pickups:K&T HS-62 w/ Vintage Belden Cable
・Mashine Head:Key’stone FS-DLX ブラスポストペグ
・Controlsル:1 VOL / 2 TONE / 5 way Selector SW
・w/Hard Case

 

渋谷店へのお問い合わせはこちらから