Crews Vintage Line LED-1959 w/K&T IMD-59 VBW s/n 19004【SOLD】

販売価格:¥ 691,200(売却済)

クルーズヴィンテージラインの顔とも言えるLEDシリーズ


Serial Number #19004 重量 3.77 kg


絶大な人気を誇るLED-1959が入荷いたしました。

ヴィンテージラインのオーダーは超貴重な材を入手することから始まります。今回もホンジュラスマホガニー、ハードメイプル、そして素晴らしいブラジリアンローズウッドが揃いました。相変わらず木取りも素晴らしい。

ブラジリアンローズウッドの指板はもちろん、ハードメイプルトップの光沢はトップコートの上からでも硬さを感じさせます。ネックとボディーバックのホンジュラスマホガニーはしっかりと音のつまった硬質なマホガニーサウンドです。

ヴィンテージギターの完全コピーを目的としていないLEDシリーズは、その抜群の弾き心地とヘッド・トップからボディーエンドまで、楽器全体で鳴ります。この鳴り感はクルーズ独自のものでしょう。そこからブリッジ/テイルピースの調整を行い、お好みでヴィンテージ的なセットアップを詰めていくもよし、さらにテンションバランスを取って響きを活かしたセットアップにすることも可能です。

ピックアップにはK&TのIMD-59をセレクト。今回は「59L」ではなく「59」です。N.O.SのPAFを思わせるミッドレンジの存在感に加えて、音離れの良さとスピード、繊細な音色がアーチトップソリッド、ハムバッキングギターに対するイメージを覆します。今回はブリッジ側にWW(ダブルホワイツ)ネック側にZB(ブラック&ホワイツ)ボビンを採用。ネック側は双方のボビンのターン数が異なるオフセット・セットアップによる、ややブライトな印象。ネック側はダブルホワイツのパワフルなミッドレンジを持ったまさにロックギタリストの為のセットアップとなります。

今回はさらにK&T高野氏よりオファーのあったヴィンテージ N.O.S Braided Shield Wire を贅沢にも採用。楽器の内部配線に適した(ここ重要です)所謂「網線シールド」を厳選。ヴィンテージだから良い、ということでは無いのです。

木材、製法、エレクトリック、全てにおいて最高峰のセットネックギターに仕上がっております。

Scroll to top