【BLOG】GIBSON EDS-1275 にK&Tピックアップをマウントする

昨日アップした動画をご視聴いただいた皆様、ありがとうございます。

ご質問等がございましたらお気軽にご連絡ください。

本日はタイミングよく、お客さまからのK&T別注品のピックアップが届きました。

こちらのギターに搭載します。GIBSON CUSTOM SHOPの2005年製EDS-1275 いわゆるダブルネックです。

搭載するピックアップはK&T CODAをベースに12弦用にカスタムしてもらいました。6弦側はクルーズ・ヴィンテージラインのSGモデルと同じく、TOPSをベースに弦の振幅が狭まるブリッジ側をモディファイ。今回はニューオールドストックのヴィンテージコイルでワウンドしていただきました。豪華です。

そして12弦側にはJ.ペイジのサウンドをイメージしたCODAをSGダブルネックに、しかも12弦側にマウントするという事で特性を見直した形でオーダー。

コイルタップに対応するピックアップ(ペイジなので!)です。今回はあえてペイジのEDSのサウンドをイメージせずに、もっとオーナー様の意向を踏まえてコイルタップ時は煌びやかで美しい12弦のサウンド、ハムバッカー時はオールドマーシャルのクランチサウンドを存分に楽しめるスペックで仕上げてもらいました。

この様に、K&Tピックアップはラインナップにないモデルもオーナー様の意向を元に、オリジナルレシピで制作してくれます。つまりは、オリジナルモデルのピックアップを作っていただけるという事です。

かなり贅沢です。しかしながら、オーダーされる皆様は「あと一歩、の音が得られない/出ない」というストレスを解消してくれるK&Tピックアップは価格以上に価値がある、とおっしゃってくれます。ご興味のある皆様は是非ご相談ください。

というわけで、ギターをセットアップしつつ、ピックアップを交換したらまたご紹介させていただきます。

MWrata

Scroll to top