【SOLD】VIRTUES Lander

このペダルの持つ「豊かで味わい深い放牧的なドライブ感」を体験してください。あなたがFuzzに慣れ親しんでいるギタリストであれば、どんなアンプに繋いでもハイエンドが適度にロールオフし、なおかつ立体的に歪むリボンマイクのような質感を持つドライブがコンパクトなペダルから生まれる事に驚く事でしょう。
ファズ本来のドライブと質感=ナマナマしい毛羽だったサウンドはそのままに、非常に扱い易く易く仕上がっている素晴らしいペダルです

販売価格:¥29,700-(消費税込み)

VIRTUES Lander

VIRTUES Lander

¥29,700

今すぐ購入する

Landerは、ビルダーの所有する1968年製Dallas Arbiter期FuzzFace(NKT275搭載)を含む、音色に満足いくいくつかのArbiter~Dallas Arbiter期のFuzzFaceを基とし、そのプリミティブなサウンドをシリコントランジスタによって再現しました。

NKT275を用いられた1966~68年のFuzz Face、特に動作に問題のない個体は、所謂バリバリとした取り扱いの難しい(だからこそという面もありますが)ファズ然とした物ではなく、ハイはスムースながらも自然であり、ローはただ増えるのではなく、元の定位を崩さなず、かつ奇跡的なコントロール性を持ち合わせている、とてもナチュラルなペダルです。

それを再現するために、再生産のものであったり、別の型番のトランジスタを用いたり、もしくはシリコントランジスタによって音を再現する試みは多くありますが、それでは良いサウンドを得る事はできても、オリジナルFuzzFaceの音とは似つかないサウンドになります。
Landerの手法は、ゲルマニウムトランジスタを用いた際の、回路上の部品に対しての影響、それによる動作上の違いに着目し、それを再現しました。

ボリュームを絞れば、特にローの量感を損なわなず原音に近しいサウンドに、フルアップすれば暖かくスムースなクリップを持ちながら、太くドライブ。
このアンプの一部ともいうべきナチュラルさは、ただ元の回路及び定数を使用したシリコントランジスタや、再生産されたGeトランジスタではえられませんでしたが、それを実現させています。

オリジナルFuzz Faceを持つプレイヤーにも、納得していただけるサウンドを持っています。
オリジナルFuzzFaceとの相違する点としては、

・DCアダプタの対応に加え、電池を使う場合でも電池残量を確認しやすい
・電池残量によってきりかわるインジケータの搭載。
・センターにPre Gainコントロールを搭載し、ギター・前段とのマッチングを取れる為、
ワウと併せたプレイにも対応。
・それらに含め、Siトランジスタの安定した動作を付け加えてライブでの使用も可能なユーザビリティを獲得。

Fuzzに苦手意識がある人、Fuzzを使い慣れた人、どんな人にもお勧めしたい一台です。


・トゥルーバイパス
・電源:DC9V センターマイナス(2.1mm)に対応
・接続端子:INPUT、OUTPUT、DC Jack(2.1mm/9VDC)
・付属品:取扱説明書、保証書
・外寸:61×112×46 (mm)

 

渋谷店へのお問い合わせはこちらから

 

楽器購入時のお支払い方法をお選びいただけます

銀行振込での決済利用時は事前に商品在庫を確認ください
ご入金確認後に発送いたします

代引きご利用いただけます
カード支払い、クレジット支払いに対応します。sagawa

宅急便コレクト お届け時カード払い

 



パソコンやスマートフォンからお申し込みいただけます
まずはWEBクレジット シミュレーションをご確認ください


上記バナーをクリックすると、概算の支払い計算が簡単に行えます

ホーム