strymon Lex

リアルで迫力のある「3D ロータリーサウンド」

販売価格:¥39,050-(消費税込み)

strymon Lex 【ロータリー・スピーカー・エミュレーター】

strymon Lex 【ロータリー・スピーカー・エミュレーター】

¥39,050

今すぐ購入する

ドップラー効果を利用して、ウネるようなトレモロ/ビブラートを発生させたり、深く揺らめくようなサウンドをもたらすのがロータリースピーカーです。有名な物では、ハモンド・オルガン奏者が好んで使用した「レスリー(レズリー)スピーカー」を、ご存知の方は多いのではないでしょうか。

Lex Rotaryは、ロータリースピーカーがサウンドに及ぼすエッセンスをstrymonクオリティで再現しています。ドラム型のベース・ローター、トレブル・ホーン、チューブプリアンプ、マイクロフォン・セッティング、スタート&ストップ時の変化などなど……実際のロータリースピーカーで発生する複雑な干渉を研究し尽くした意欲作の登場です。
ライン入力(+4dB)にも対応していますので、ミキサーからのインサート等にもご使用いただけます。また、2012年5月製造版より、TRSステレオ入力にも対応しています。

・2nd ファンクション・コントロール
Lexに搭載されたノブ・コントロールは、本体に記された通常のコントロール以外にも、ホーン部のマイキング位置を変更したり、回転数変更時の立ち上がりスピードの調整など、これまでの歴史上に存在したロータリー・スピーカーに限りなく近づけることが可能です。
・アナログ・ドライ・ミックス
入力信号(ギター信号等)はAD変換されず、アナログのままディレイ信号とミックスされます。 アナログ信号パスは、内部で昇圧されたアナログ専用電源を用いた高級HiFiレベルのミキサー回路を採用。原音が損なわれることはありません。
・ステレオIN ステレオOUT
インプットは、本体内のジャンパー・スイッチによってモノラル/ステレオ(TRS)を切り替えることができます。 アウトプットには、モノラルのアンバランス端子が、左チャンネル、右チャンネル用にそれぞれ用意されています。ギター用のステレオ・エフェクターとしてはもちろん、+4dBの信号にも対応しておりますので、ミキサー卓のインサートに接続してラック型エフェクターと同様に使用することができます。
・信号レベル調整機能
エフェクト時の出力レベルを+/- 6dB調整できます。
リアルタイム・リモート・ノブ・コントロール
5つのノブ・コントロールから1つにアサインして、エクスプレッション・ペダルを使ってリアルタイム・コントロールすることができます。
・プリセットメモリー
別売フットスイッチを使用して、FAVORITEプリセット(お気に入り:1設定のみメモリー可能)とコントロールノブの設定との切替えが可能。
・トゥルー・バイパスとバッファード・バイパスが切り替え可能

スペック
・インプット、アウトプット、スイッチ
入力インピーダンス:1 Meg Ohm
出力インピーダンス:100 Ohm
最大入力レベル:+8 dBu

・DSP、オーディオ
24bit/96kHz A/D & D/A
S/N:110 dB
周波数特性:20Hz~20kHz
SHARK DSP採用
DSPパフォーマンス:1596 Mega FLOPS
32bit 浮遊演算方式

・その他
バイパス:トゥルー・バイパス
入力電圧:9VDC センターマイナス、250mA
付属品:専用パワーサプライ
サイズ・重量:102mm(幅)×117mm(縦)×67mm(高)※突起部含む / 450g
軽量、堅牢なアルマイト処理アルミシャーシを採用
Made in USA