【入荷待ち】strymon FLINT

販売価格:35,000円 (税抜)

strymon FLINT

¥35,000

今すぐ購入する

ビンテージアンプに搭載されていたトレモロと、ユニークな3種類のリバーブ

トレモロとリバーブの魅惑的な組み合わせは、ギター・エフェクターの創世記を飾るに理想的なコンビネーションでした。これらのエフェクターは1960年代のアンプに初めて搭載され、この耳に快い組み合わせは初期のサーフ・ミュージックを筆頭に、アメリカ南部のブルース、マカロニ・ウェスタン、フィルムノアールのサウンドトラック、近代インディーズ・ロックなど、数え切れない数のレコードやライブに彩りを添えました。

我々はその歴史を知り、このコンビネーションをスタジオ・クオリティーのエフェクターとして忠実に再現することを決意しました。気に入ったクラシックのトレモロやリバーブ回路の複雑な音の特性やトーンの相互交錯を調査し、細部まで私たちのアルゴリズムに拘り、作成しました。FLINTはSHARC DSPの演算力を最大限用いて、真のディテールまで再現しています。

FLINTは、8種類のコントロールで、トレモロやリバーブのソニックキャラクターが細部まで調節できます。派手でパルス的な揺れから鳴り響く感じ……アンビエントまで、幅広い音作りが可能です。各エフェクト・セクションにそれぞれトゥルー・バイパスのオン/オフスイッチを搭載し、入出力部にはクオリティーの高いアナログ・セクションを採用しました。音楽史に刻まれたサウンドを簡単にペダルボードに納めて使って頂けるようにデザインしました。

トレモロ・タイプ
’61 harm:61年製 高域と低域が交錯する複雑なサウンド
’63 tube:63年製 ウェットで官能的なサウンド
’65 photo:65年製 鋭くバランス良い揺れ

リバーブ・タイプ
’60s:60年代の小型コンボに搭載されていた2本スプリングのリバーブ
’70s:70年代に発明されたEMTなどに代表される大型のプレート・リバーブ
’80s:80年代に現れたALESISに代表されるラック型のリバーブ

スペック

・入力インピーダンス:1MΩ
・出力インピーダンス:100 Ω
・S/N比:115dB
・周波数特性:20Hz~20kHz
・最大入力レベル:+8dBu
・A/D & D/A性能:24bit、96kHz
・DSPパフォーマンス:1596 Mega FLOPS
・トゥルーバイパス (電子リレースイッチング)
・テールモード(高音質アナログ・バッファード・バイパス)が選択可能
・+/- 3dB Boost/Cut プリセット毎に設定&プリセット可能
・入力電圧:9VDC センターマイナス、250mA
・付属品:専用パワーサプライ
・サイズ・重量:102mm(幅)×117mm(縦)×67mm(高)※突起部含む / 450g
・軽量、堅牢なアルマイト処理アルミシャーシを採用
・Made in USA

 

渋谷店へのお問い合わせはこちらから

 

楽器購入時のお支払い方法をお選びいただけます

銀行振込での決済利用時は事前に商品在庫を確認ください
ご入金確認後に発送いたします

代引きご利用いただけます
カード支払い、クレジット支払いに対応します。sagawa

宅急便コレクト お届け時カード払い

 



パソコンやスマートフォンからお申し込みいただけます
まずはWEBクレジット シミュレーションをご確認ください


上記バナーをクリックすると、概算の支払い計算が簡単に行えます

ホーム

何かお探しですか?