【SOLD】渋谷店:【動画】strymon COMPADRE

販売価格:¥35,000(消費税抜き)【SOLD】

時代が生んだ「現在進行形」コンプ+ブースト

ストライモン・エフェクトの最初のラインナップにBrigadier、Orbit、Olaという名作と共に、OB.1というコンプ+クリーンブーストペダルがありました。このペダルは存在こそ地味でしたが特定のミュージシャンにとっては、とても理想的なペダルでした。

コンプレッサーといえば、ギターやベースの場合はある種「派手な」サウンドメイクの為に使われる事が多いのですが、OB.1はそのような使い方だと少し「つまらない」ペダルでした。しかしながら、デジタルアンプやDAWに楽器を接続する際に「インターフェイスやアンプの手前にOB.1を繋ぎ、常にONにしておく」という使い方でデジタルアンプやDAWに楽器を直接繋いだ際に感じるダイナミクスの欠落が補助される印象になります。特にベーシストがDIに送る信号の手前に置いて音を調整する事で、ラインサウンドは活き活きとします。

このCOMPADREはOB.1のDNAを受け継ぎながら、さらに進化したコンプ+ブースター+αを提供します。

シグナルチェーンを支配する為にデザインされたこのペダルは、まず、スタジオレベル(スムーズで明瞭度の高いコンプレッション&ビンテージスタイルのスクィージング)の二つのアナログコンプレッションでダイナミクスをコントロールします。楽器を問わずに、そのダイナミクスを活かすようにコンプレッションし、深くかけても極端なコンプ効果にならず、使いやすい「かっこいい音」に仕上げてくれます。オート・メイクアップとオート・スレッショルド設計のため、COMPRESSIONノブの設定だけで、ダイナミクスのコントロールが簡単に行えます。さらにアタックの音の立ち上げを保てるよう、コンプレスされた信号にDRYノブでドライ信号がブレンドできます。

ブーストセクションはクリーンとダーティーブーストの2つの異なるアナログブースト回路を備えています。特に、ダーティーブーストは、TSタイプのオーバードライプペダルのソフトクリッピングキャラクターが得られます。また、3つのブーストEQは、ギターやアンプのコンビネーションに合わせてEQシェープが選び、切り替えられます。これで、アンプやエフェクター、DAWへ送る信号のダイナミックレスポンスを調整したベストなサウンドが完成します。

ヒント:

COMPADREは出荷時はパッシブ・バイパスですが、バッファード・バイパスに設定できます。信号が複数のペダルを経由し、全ケーブル長が長くなる場合にバッファードモードを選択する事で、音色の劣化を防ぎます。

拡張コントロール  

次にライブプレイヤーに是非ともオススメしたいセットアップをご紹介します。エクスプレッションペダルをCOMPADREに繋ぐことで、COMADREのマスターボリュームをVCAで可能となります。これにより一般的なパッシヴ・ボリュームペダルでは得られない音質でボリュームコントロールが可能になります。
*25kΩ以上のエクスプレッションペダルを推奨

さらにStrymon MiniSwitchまたはMultiSwitch Plusで、お気に入りのセッティングのセーブ&リコールが可能。Strymon MIDI EXPケーブルを使えば外部MIDI機器(ルーティングシステムやMIDI OUTを装備したエフェクト)からプリセットを呼び出すことも可能です(300プリセットに対応します)

サウンドチェック動画

 

渋谷店へのお問い合わせはこちらから

 

楽器購入時のお支払い方法をお選びいただけます

銀行振込での決済利用時は事前に商品在庫を確認ください
ご入金確認後に発送いたします

代引きご利用いただけます
カード支払い、クレジット支払いに対応します。sagawa

宅急便コレクト お届け時カード払い

 



パソコンやスマートフォンからお申し込みいただけます
まずはWEBクレジット シミュレーションをご確認ください


上記バナーをクリックすると、概算の支払い計算が簡単に行えます

ホーム

何かお探しですか?