Free The Tone PA-1QG Guitar

販売価格 37,000円(消費税抜き)

アナログの豊かなサウンドをデジタルの高い操作性でコントロールするプログラマブルイコライザー

PA-1Qシリーズは、FREE THE TONEがAMBI SPACEやTRI AVATARの開発で培ったデジタル技術とアナログ技術の融合を、更に推し進めた画期的な製品です。

取り扱い周波数は50Hz、100、200、400、800、1500、2500、3500、7K、10K(+/−12dB)となります

一見するとデジタルのイコライザーエフェクターに見えますが、このPA-1Qシリーズは、「アナログ・イコライザー」です。ギター、ベースの信号が通るイコライザー回路(入出力部も含む)は全てアナログ回路で構成されており、ギター、ベースの持つ豊かな音色はアナログ信号のまま処理。つまり昔ながらのスライドボリュームが付いたグラフィック・イコライザーと同じ信号処理方法です。そのままでは普通のアナログ・エフェクターですが、PA-1Qシリーズのパラメーターコントロール部はデジタル回路になっており、各種パラメータの状態をデジタルで正確に記憶・処理します。これにより、アナログ・エフェクターでありながら、プリセットやMIDIでのリアルタイムコントロールを可能にした画期的な製品となっています。

MIDIコントローラーやルーティングユニット等、MIDIコマンドを送信できる機材をお持ちであれば、是非このPA-1QGをお試しください。プリセット毎に異なるEQを設定可能なので、まるでデジタルアンプのプリセットを切り替える様にサウンドを変化させることが可能です。以下に使用のアイディアをまとめてみます。

  • 単一のオーバードライブやディストーションと合わせた場合でも、EQのプリセットを切り替えるだけで全く異なるサウンドに仕上げることが可能です。同じオーバードライブでもバッキング用/リード用という様にサウンドを切り替えることで、音量までも調整可能です。
  • シングルチャンネルアンプ(ヴィンテージマーシャルなど)と組みわせ、プリセットボリュームの様に使用できます。EQバイパスをスタンダードとします。EQをセットし、アウトプットレベルを下げることで、クリーンサウンドを作り出せます。別のプリセットではレベルを上げておけば、ブースターとしても使えます。さらに山なりにEQをセットしてトレブルブースターの様に使用することも可能です。
  • コーラスなどモジュレーションと組み合わせることで、モジュレーションON時に音量が下がってしまう様なペダルの音量/音質補正として使用することも可能です。
  • 例えばフェンダー系アンプやJCなどでディストーションサウンドを作る際に、どうしてもチリついたサウンドになってしまうことがあります。この場合に高域をカットしてやれば、激しくも耳当たりの良いディストーションサウンドを作り出せます。

構想から10年以上の歳月をかけ、アナログの持つ豊かなサウンド、デジタルの持つ高い操作性、この二つを高次元で融合させたエフェクターがPA-1Qシリーズです。その最新鋭のサウンドと操作性をぜひ体感してください。

  • 楽器の信号が通るイコライザー回路(入出力部も含む)は全てアナログ回路で構成し、パラメーターコントロール部はデジタル回路で構成する事により、アナログ・エフェクターでありながらプリセットや、MIDIでのリアルタイムコントロールも可能という画期的な製品。
  • FREE THE TONE製品の大きな特徴であるHTSサーキットを今回リニューアルしました。更に高音質な状態でギター、ベースの信号を入力から出力まで総合的にマネージメントし、エフェクトON時とOFF時のサウンドの質感を同じに保ちます。
  • 10 BANDイコライザーの周波数を共用ではなく、ギター用に選定。周波数やイコライザーのカーブをそれぞれの楽器に最適化しました。これにより、より使いやすく詳細な調整が可能です。
  • MIDI信号でのコントロールでは99個のプリセットを瞬時に呼出す事ができます。
  • イコライザーエフェクターとしてだけではなく、音量をプリセット毎に管理するプリセットボリュームとしても使用できます。ソロプレイで音量を上げたい場合や、複数のギターやベースを持ち替えた際の出力レベルの個体差を揃えたい場合などに有効です。
Scroll to top