【BSM】HS

商品名:BSM HS Treble Booster

メーカー希望小売価格(消費税込み)42,984円

 販売価格(消費税込み)34,387円

HS=Hornby Skewes!

ところでホーンビー・スキューズとは?

ホーンビー・スキューズは、今は無きイギリスのメーカーで、トレブルブースターやファズボックスを製作していました。そのサウンドは1967年~1969年まで数々のブリティッシュ・ロックグループ/ギタリストの名演で確認することができます。SHATTER BOXはマークボランが、Treble Boosterはリッチーブラックモアが愛用した事で有名なペダルです。

 

リッチーの名演の数々

リッチー・ブラックモアがDeep Purpleの“DEEP PURPLE IN ROCK”や“made in japan”等の録音で残した名演は、ホーンビー・スキューズの素晴らしくパワフルな音色によるものです。

 


ヤバすぎる音

希少なパーツ

ホーンビー・スキューズで使われている部品に、OC44というヨーロッパのゲルマニュウム・トランジスタがあります。HSでは、オリジナル同じものを使用しています。このパーツは今では希少な物となっています。

 

HSの使い方

HSは特にフェンダーやリッケンバッカー、バーンスやボックス等の出力の低いピックアップのために作られ、ギターのボリュームを最大にするとリード用には太い音を作り出し、ボリュームを下げた状態ではクランチな音色をつくりだします。

アンプのボリュームを最大にすると、パワーアンプがサチュレーション状態になりハイが減少します。そこでこのHSを用いることで、輪郭のはっきりした音色になります。アンプ側のプレゼンスコントロールを用いるより効果的です。とくにFender、Vox AC30、JTM45、Plexiなどのファットで全帯域においてサウンドがドライブするヴィンテージスタイルのアンプがフルアップに近い状態で使用すると、その効果は顕著にあらわれます。

さらに使いこなすポイント

ギターの信号に限りなく近い箇所にセットしてください。そして、エフェクトループ等を用いる場合は、パッシブのループに接続してください。アクティヴピックアップとの愛称は期待できません。アンプのセッティングはクランチを推奨します。ハイゲインアップやモダンなインプットセクションを持つアンプ、デジタル製品との愛称も期待できません。つまり、そう言うペダルです。

 

リッチーのセッティング

リッチー・ブラックモアは、Marshall Major 200のヘッドを“made in japan”で使用し、次のような設定にしていました。

  • プレゼンス:0
  • ベース:4
  • ミドル:5
  • トレブル:6~7
  • ボリューム:7~8

トレブル・ブースター?

これらの名称は、オリジナルにちなんでトレブルブースターとなっていますが、どちらかといえば、サウンドエンハンサー、フィルターのようなものです。

 

HS customについて

BSM HS custom
HSにボリューム・コントロールを足したものです。
これはリッチー・ブラックモアが1974年に改造したもので、
トーンを調整するとDeep Purpleの“BURN”やRAINBOW初期の音色を創り出せます。

 

FireBallについて

BSM FireBallは、
動作特性にばらつきの多いゲルマニウム等を、更に厳しい基準の下で厳選。
極めて高い選定基準にて製作したスペシャルなHSです。

 


 

商品に関するお問い合わせはこちらまで

03-5428-6739

メールでのお問い合わせ/通販希望の方はshop@hoochies.infoまでお知らせください。
在庫の有無、送料、支払い方法をご確認の上、商品代金をお知らせいたします。

デジマートからの購入も可能です

Scroll to top