【コラム】VIVA!! P-90 ~その2~

渋谷店の酒井です。
先日アップされた、スタッフ村田氏によるPRS McCarty 594 Soapbar Limitedの動画、ご覧いただけましたでしょうか?

と書いてる内に、こちらの個体は引き合いを頂き現在商談中となりました。ありがとうございます。
また、渋谷店にもう一本在庫していた、ソープバー LTDも、週末にお買い上げいただきました。本当にありがとうございます。(この展開・・・以前もありましたね)

プロモーションプライスで、ご案内しているソープバー LTD、ラストストックがサイドパーク店にございますので、気になった方は、早めにお問合せください!!

すでにニシキド氏のコラムでもご紹介のとおり、7/13日発売の「ギターマガジン8月号」で、カジノ&P-90特集が組まれています。当店では以前から「P-90押し!!」をしており、様々なご紹介動画もアップしております。

そんな中、以前このような動画がアップされておりましたが、ご覧いただけたでしょうか?

こちらもソープバー LTDですが、ピックアップをK&T SUPER BADを搭載したスペシャルモデルになっています。注)こちらもすでに売約済み商品となっております。

※K&T SUPER BADについては、こちらをご参照ください。

ソープバー LTDで標準搭載されている、Duncan Soapbar(別注)はローパワーでクリアーなサウンドでありながら、しっかりとしたトルク感とスピードと音抜け、K&T SUPER BADはスッキリとした低域、ものすごい情報量の中域、突き抜けるような高域、共に「Soapbarピックアップならではの音」であることは、ご理解いただけたかと思います。

ソープバーピックアップが持つ「唯一無二のサウンド」を知ってしまうと・・・愛用するギタリストが多いことも良く理解できます。

では、この両動画をご覧いただき、ギター以外に「とある共通点」があったことに、お気づきでしょうか?

それは何か・・・

共に歪に「TS系(TS-808)」を使用している


なんだ・・・ソープバーの話とは関係ないじゃないか!とお思いかもしれませんが、個人的にとても気になるポイントだったのですが、皆様は気になりませんか?
ということで、村田氏に聞いてみました。

村田氏曰く…

P-90の音の質感にTSを入れることで「柔らかい音」にしたかった。

というお話でした。

K&T SUPER BAD搭載の動画では、TS-808の他にCrewsのAddict ODを別途使用したサウンドも聞くことができますが、こちらはTSの「甘く柔らかい質感」に比べると「ワイルドでガッツのある質感」になっているのが分かります。

動画でも村田氏が話しておりますが、P-90(ソープバー)はキレがあってクリーン、ボリュームとトーンを使って音色を変化させることにより、多彩な音を作り出すことができるピックアップであることから、「自分の出したい音」を想定した上で、「歪系」ペダルや「ブースター系」ペダルをチョイスすることで、狙った「音」に持って行き易いと言えるでしょう。

この機会に、是非ソープバーならではのサウンドをチェックしていただければと思います。

という訳で、ソープバータイプのギターが気になる皆様、当店では他にもソープバー搭載のギターをご用意しております。


是非、気になったギターと「このペダルと組み合わせたらどうだろう?」「アンプとの組み合わせは?」等、不明な点がございましたら、是非お問合せください。

渋谷店:酒井

P.S.
実は、もう一点共通点がございます。
それは・・・シールドケーブルです!!
各動画では、Albedo Pura Shield Cableが使用されています。こちらも、お客様から好評を頂いており、当店一押しのシールドケーブルとなっております。併せてチェックしてみてください。


何かお探しですか?