#StayHome , Keep Condition!! メンテンスアイテム特集

皆様、いかがお過ごしでしょうか。渋谷店のニシキドです。
「おうち時間」「STAY HOME 」充実しておりますでしょうか。今回はメンテナンス編です!

普段、信頼できるプロにメンテナンスを任せている方もなかなか楽器屋やリペアショップに足を運べなかったりするかと思います。そんな方もそうでない方々も、おうち時間を活用し、自分でメンテナンスすることで より愛機を知り、愛情が深まるよい機会になるかもしれません。

また、どの箇所がどうなるとサウンドがどう変化するのか?など検証/研究してみるのも面白いかもしれません。練習やコピー、音作りや作曲に煮詰まったら気分転換にセルフメンテはいかがでしょうか?

また、フーチーズチューン(フーチーズの出荷調整)の動画も大変ご好評頂いております。
というわけで今回は普段当店にて使用/販売しているメンテナンス用品の一部をご紹介したいと思います。便利そうだなと思ったものがあればセルフメンテに導入してみてください♪

Lizard Spit シリーズ

Lizard Spitは20年以上 ギターをはじめとする高品質な楽器ケア用品を専門的に取り扱い、海外のギターメーカー等も多く使用しています。地球環境にも配慮しているとても信頼のおけるブランドです。

SEのチューン動画では新品のためポリッシュ類は使用しておりありませんが、便利なのがSLICK NUTZという潤滑材です。ブリッジやサドルなど“弦の通り道”全般に使用可能です。ギターの鳴りは”弦の触れている箇所の状態”で大きく変わってきます。不純物は挟まってないか?サビや汚れが振動を邪魔してないか?弦の振動を木部に伝える金属パーツはしっかりと固定されているか?など今一度チェックしてみると、それだけでサウンドがクリアに、音抜けが良くなるかもしれません。

そしてもうひとつ重宝しているのがVIP (Vintage Instrument Polish)です。ヴィンテージギターやラッカー塗装のギターにも使用できるポリッシュ。長年にわたり表面に付着した汗や汚れ、タバコのヤニなどはもちろん、過去に塗布したワックスの拭き残しなどを浮かします。汚れが取れたら最後はキレイに拭き取ってください。高純度のリアルカルナバワックスによりヴィンテージの雰囲気を損なわない温かな輝きを与えます。ヴィンテージギターのクラックに入り込んで白くなることもありません。※ヴィンテージギターは経年変化により塗装表面の状態異なります。予め、目立ちにくい箇所で試してからご使用ください。

Jim Dunlop メンテナンスシリーズ

こちらも信頼のおけるメーカーですね。ポリッシュ/オイルなどもありますが今回はツールのご紹介。Jim Dunlopが提供するメンテナンスキットシリーズ”SYSTEM 65″。Fret Collarsはフレット磨きの際に指板をカバーします。後述のフレットバターをメイプル指板で使用する際などに活躍します。Action Gaugeは弦高を採寸。普段から数値で覚えておくとギターの変化により気付く事ができますね。

FLET BUTTER

Fret Butterは有害な科学物質を含んでおらず、カリフォルニア州の安全基準であるプロポジション65に準拠しています。独特の甘い香りがクセになります。笑 あっという間にフレットに光沢を取り戻しサウンドもクリアに、グリス/スライドやチョーキングもスムーズに。ローズやエボニーであればマスキングいらずで指板も一緒にクリーニングできますが、オイルフィニッシュor塗装剥げのあるメイプル指板とクレイドットポジションマークのギターの場合はフレットから出た汚れが染み込み黒ずんでしまう可能性があるのでマスキングやカバーが必要です。DunlopのFret Collarsなどを使用しましょう!

SHINY MAN

金、銀メッキパーツ表面の曇りを除去するための専用クリーナーです。成分は食品添加物+天然成分のみで生成され、化学薬品類、アルコールや研磨剤を一切含んでないので安全に使うことができ、磨き過ぎによるメッキの剥がれの心配もありません。金属パーツもギターのレゾナンスに大きな影響を与えますので常にキレイな状態を保ちたいところです。※ステンレス素材はシミになる可能性があるためで使用しないでください。

CAJ Cleansable mist

あれ音が出ない…ガリが…ノイズが…?? ナットの項目で触れた”弦の通り道”もそうですが“電気の通り道”にも不純物や障害物は大敵です。トラブルの元にもなりますし、せっかく揃えた機材も本来のパフォーマンスを発揮できなくなってしまう可能性があります。

サウンドシステムの音質劣化やトラブルの多くのケースとしてプラグやジャックの汚れや摩耗から起こる接触不良があります。クレンザブルは接点の錆や汚れを落とすだけでなく潤滑性に優れた強力なバリアーを金属面に作りだし、接触不良によるトラブルや音質劣化を未然に防いでくれます。

余談ですが普段お使いのシールドケーブル。外側の皮膜がホコリや土/砂などで汚れてませんか?この部分を水拭きでキレイに拭き取ってあげるだけでも、帯電している静電気などが除去されることにより音質はクリアになります。

ghs FAST FRET

フーチーズでの通称”おまじない”。出荷調整完了!!最後に「行ってらしゃい。」という気持ちを込めてのFAST FRETです。店頭のギターにもよく使います。動画で使用したりお客様が試奏された後はクロスで弦の油分や水分を一本一本丁寧に拭き取り、最後にコチラのFAST FRETでコーティングし弦のコンディションを保っています。プレイアビリティも向上。液状ではないので付着して欲しくない部分に飛び散らないのが嬉しいところ。

たこ焼き屋さんが使用している油引き(はけのようなやつ)に似た形状の先端に成分が染み込んでおります。弦交換時、弾き終わった際にさっと塗ってあげることでコーティング弦でなくても寿命を長持ちさせることが可能です。これも清潔感のある良い匂い!!

番外編:LEO MUSIC×TRUSCO Guitar Tech Case

数多くの著名ミュージシャンの現場をサポートし、実力派のテックさんが多数在籍するレオミュージックさんが設計し、TRUSCOが作成したトラベルテックケースです。自宅に作業台は作れないけどメンテや弦交換を気持ちよくしたいな〜と思っていた方にオススメです。メンテナンス用品も一挙に収納可能ですのでお部屋もスッキリです。ストラトやテレキャスが縦置きできるので弦の裏通しもラクラク。そんな素敵なアイテムなのです。

番外編:ドライフォルテ

だんだん暖かく陽も長くなってまいりました。エレキギターはもちろんですがアコースティックギターはさらにデリケートです。特にケースに普段しまってあるギターは温度/湿度もそうですがカビなどにも気を付ける必要があります。ドライフォルテは調湿/防カビ/消臭/防サビ効果を持っており非常に優秀。開封から約3〜4ヶ月は効果が継続します。これで今年の夏も安心して過ごせそうですね。1箱に3パック入りです。

最後に

プロに任せるのも良いですが自分の手でメンテナンスをすると、より気持ち良く弾けるそんな気がします。お料理と一緒ですね。苦労の分だけ美味しい。(でもコーヒーだけは他人が淹れてくれた方が美味しく感じるのはなぜ…?)そんなことを思いながらSidePark店で過ごす午後でした。

Crewsギター・ベース本体をご購入頂いた方には今回のご紹介したメンテナンスグッズの中から数点チョイスしてプレゼントしております。詳しくは下記のページをご覧ください。

渋谷店 ニシキド

〜メンテナンスキット在庫 〜 ※随時更新中!!

何かお探しですか?