【ブログ】お客様オーダーのCrews Vintage Line JM63が完成しました。

こんにちは。和田です。
本日はお客様からオーダー頂いたギターが完成、ブログ掲載の許可を頂きましたので、ご紹介いたします。

Crews Vintage Line JM w/K&T JM63 w/K&T JM-63

オールラッカー、フィニッシュもグロスアップで仕上げています。
ゴールドアノダイズドピックガードとグロスアップのキャンディアップルレッドという金と赤のコントラストがまた良い雰囲気です。
通常ラインのJM-61はプリセットスイッチがないのに対して、こちらはプリセットスイッチ付きです。

オーダーらしいルックスの拘りもありますが、最大の拘りはピックアップ。
K&T JM-63を搭載しています。
K&Tの通常のJMモデルはJIVE MASTERというモデルで59年のサウンドを狙ったサウンドになっていますが、オーダーのお客様はオルタナ系サウンドをメインに使用されるとの事でしたので、

それならJM-63を載せた方が良いんじゃないか?

と村田氏よりアドバイスを頂き、PUはJM-63にてオーダーとなりました。
K&T JIVE MASTERって一つしかないものだと思っていましたので、この提案を聞いた時はお客様も私もビックリしました。
もちろんJIVE MASTERでも良いけど、オルタナ系でファズを響かせるならこちらが良いとの事で決定となりました。
このようにギター本体だけでなく、K&Tピックアップもカスタムでオーダー出来るというのもオーダーの醍醐味です。
実際に入荷時に先に入荷となったVintage Line JM-61と弾き比べてみましたが、びっくりするほど音が違いました。(K&T JM-61があったこと自体にもまず驚きましたが…)
※この辺りのモデルの音の傾向、違いについてはこれから勉強して、発信出来ればと思います。

クリーンでも違いは十分出ていましたが、ファズを使用した時のサウンドはもう別物。
上手く表現するのは難しいですが、純粋にファズを踏んだ時に

そう!これこれ!

と、いう音が出ました。(具体的にどうと言えずすいません…。)
この違いを再現できるというのがK&Tピックアップの凄さでもあります。

店頭でのお渡しの際にヴィンテージのTONE BENDERを繋いで試して頂きましたが、大満足頂きました。
これから素敵なファズサウンドを大爆音でお楽しみいただければ幸いです。
最後に今回の掲載許可ありがとうございました。

ーーーーーー
と、今回はJMのオーダー品をご案内いたしました。
今回はPUをカスタムオーダーするという事例で、私もまた一つ良い経験をさせていただきました。
K&TのPUオーダーに関してはデフォルトのモデルからお好みの合わせたアレンジを加えてオーダーが可能ですので、ご検討中の方はぜひともご相談ください。
デフォルトのモデルももちろん良いのですが、デフォルトモデルもオーダーモデルもどれも一個ずつ高野氏によるハンドメイドなのはかわりません。
なので、オーダーするならよりお好みに近いものを案内出来ればと思いますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

カスタムオーダーをご検討中の場合、ご来店はもちろん、お電話/メール/LINEでのお見積もり/ご相談にも対応しておりますので、まずはお気軽にご連絡いただければと思います。

ご相談お待ちしております!

それでは。
和田

 

渋谷店へのお問い合わせはこちらから

 

楽器購入時のお支払い方法をお選びいただけます

銀行振込での決済利用時は事前に商品在庫を確認ください
ご入金確認後に発送いたします

代引きご利用いただけます
カード支払い、クレジット支払いに対応します。sagawa

宅急便コレクト お届け時カード払い

 



パソコンやスマートフォンからお申し込みいただけます
まずはWEBクレジット シミュレーションをご確認ください


上記バナーをクリックすると、概算の支払い計算が簡単に行えます

ホーム