【ブログ】レシティブロードとリアクティブロードを聞き比べてみる

こんにちは。Waddyです。
日々、色々とやっていると色々と出てくるので、色々とやっています。
さて、前回のブログで気づいてしまった疑問に対して答えをみつけるべく、試してみました。
前回のブログはコチラ↓※クリックで別ページにてご覧いただけます。
【ブログ】リアクティブロードってどうなってるの??

まずはレジスティブロードとリアクティブロードの違いを聞き比べてみようというところからスタートをするのですが、意外にも両方の機能を切り替えて使えるものってないんです。
そんな中で唯一それが出来るのがコチラ↓
Two Notes Torpedo Studio

ロードボックス系の内容を綴っているブログで必ずと言って良いほど登場しているツールです。
今回はこちらを使ってサウンドチェックしてみました。
早速セッティング。
アンプはORANGE DUAL DARK 50 HEADを使用しました。

セットアップ画面からリアクティブロードとレジスティブロードとモードを切り替える事ができます。

切り替えながらヘッドフォンで聴いてみた印象は

リアクティブロードのサウンドの方が音が曇っている

という印象です。
キャビネットそのものの動きを再現しているのがリアクティブロードという事は、

リアクティブロードの方が音が自然で生々しいのでは?

と思っていたのですが、予想外な結果でした。

入力が大きい方がリアクティブロードの効果が出やすいのではないのか?
入力が小さいとあまり違いがないのでは?

と色々と試してみましたが、結果は同じでした。
やはり何事も実践あるのみですね。

また一つ経験値を増やすことができました。

そうなってくると、これまでのブログで色々とご提案してきた中で、まずは

アッテネーター部門でのお勧め

が決まってくるわけです。
それは今日のお題が薄れてしまいますので、次回のブログで発表します!

今回のチェックして使用している Two Notes Torpedo Studio は廃盤、メーカー在庫なし、店頭のみとなります。
店頭展示品につき、お買い得価格にてご案内しておりますので、これまでのブログをみて興味を持った方はぜひともご検討ください。
紹介ブログもありますも良かったらご参照ください↓
【ブログ】老舗が送り出したフラグシップマシン。 Two Notes Torpedo Studio

それでは次回の発表をお楽しみに。

和田

 

渋谷店へのお問い合わせはこちらから

 

楽器購入時のお支払い方法をお選びいただけます

銀行振込での決済利用時は事前に商品在庫を確認ください
ご入金確認後に発送いたします

代引きご利用いただけます
カード支払い、クレジット支払いに対応します。sagawa

宅急便コレクト お届け時カード払い

 



パソコンやスマートフォンからお申し込みいただけます
まずはWEBクレジット シミュレーションをご確認ください


上記バナーをクリックすると、概算の支払い計算が簡単に行えます

ホーム