【ブログ】PRS Signature Guitar Stringsを張ってみる

こんにちは。Waddyです。
先日村田氏のブログでアップされていたこちらの弦

を早速張ってみました。
パッケージを開けてみると

このように3つの束になっていて、
6弦&3弦
5弦&2弦
4弦&1弦

という組み合わせになっています。

早速作業に取り掛かろうとしたのですが、Signature弦にはポイントがあります。


プレーン弦の方をご覧ください。
ちょっと分かり辛いかもしれませんが、ボールエンドの巻いているところを半田付けされています。
この加工により、ボールエンド部での弦の緩みがなくなり、安定したチューニングが保たれます。
これを見て

この手段があったか!!

と驚かされました。
この部分がほつれたり、緩んだりしてチューニングが安定しないといった事があるのですが、この加工をしていればその心配もなくなる訳です。
これは凄い。
そんな訳で、先のブログの通り

McCarty 594 Standard BLACK

こちらに張っております。
店頭ではこんな感じ

パッケージが目印です。
そしてCLASSIC弦も張ってみました。
こちらはプレーン弦のボールエンドは無加工です。

こちらはPRS SILVER SKY – Orion Green -[2019]

に張っております。
目印はこんな感じ

となりのメイプル指板Golden MesaにはErnieBall弦を張っていますので、弾き心地の違いも感じてみたいと思います。
それでは。

渋谷店 和田

 

渋谷店へのお問い合わせはこちらから

 

楽器購入時のお支払い方法をお選びいただけます

銀行振込での決済利用時は事前に商品在庫を確認ください
ご入金確認後に発送いたします

代引きご利用いただけます
カード支払い、クレジット支払いに対応します。sagawa

宅急便コレクト お届け時カード払い

 



パソコンやスマートフォンからお申し込みいただけます
まずはWEBクレジット シミュレーションをご確認ください


上記バナーをクリックすると、概算の支払い計算が簡単に行えます

ホーム