【ブログ】‘52 BLACKGUARD #3 / 遂に完成しました!

坂本です。

Crews Maniac Sound BLACKGUARD SERIESの第三弾、BLACKGUARD IIIが完成致しました。

1本1本、隅々まで舐め回すように、最終チェックを行っております。今回は、1952年スタイルのみ6本の限定生産となります。

特にブラックガード期のリアピックアップは、クリーンで歪みが少なく、サスティーンのあるサウンドが特徴であります。この時期のピックアップは、かたちは若干異なりますが、ラップスティールのピックアップと同じコイルを用いて巻かれております。

ハワイアン等の演奏には欠かせない、クリーンでサスティーンの効いたスライドサウンドをイメージして頂ければ良いかと思います。

レスポンスが早く、明瞭なトーンを持つアッシュボディーに、メイプルワンピースネックの硬質なトーンに、前記のようなピックアップがマウントされているのが、BLACKGUARDのテレであります。

アタック感の強い、クリーンでファットなサウンドは、アッシュボディーとメイプルワンピースネックと相まって、非常に発音の良いトーンなります。

そこに手強さを感じる方も、多くいるかと思いますが…….

そういうテレを作りたかったのです。

手強くても、いいんです。

それが、BLACKGUARDのサウンドなのです。

ゆえに、トーンを絞った時のミッドが上がってくる感じや、フロントピックアップのスウィートさもこの時期のテレの魅力であり、どちらのサウンドも、甘く芯のあるトーンを奏でます。

以前にK&T Pick Upで、1961年当時にラップスティールのピックアップに使用していたレアコイルが入手出来て、T-61 Tというピックアップを製作をして頂きました。

コイル自体の入手が極めて困難なため、年代的には多少新しくはなりますが、“ ラップスティールのコイル ”ということで、今回6セットまで製作可能とのことだったため、T-52 Tの製作をK&T高野氏に依頼致しました。

ここまでくれば、本来は内部配線はクロスワイヤーですが、現在の材の質や金属パーツ等を含めた失われたトーンを考慮し、ピックアップワイヤーと配線は全て、ヴィンテージベルデンワイヤーを使用しております。

ブリッジは前回制作時より薄めのもので、サドルはルックスとサウンド、そしてピッチの良さを優先し、GOTHO社製 In-Tune BSを採用しております。

アッシュ材も温暖化等、世界的な気候の変化に伴い入手が厳しくなり、近い将来高級材になり、高価な楽器にしか使用出来なくなるとの話もございます。

1952年にフォーカスし、今年52歳なる私が、52サウンドを追求した、“BLACKGUARD III”です。

そんな状況の中、こだわりとワガママで製作したBLACKGUARD IIIを、是非、手に取って頂ければと思います。

 

サイドパーク店へのお問い合わせはこちらからどうぞ

楽器購入時のお支払い方法をお選びいただけます

銀行振込での決済利用時は事前に商品在庫を確認ください
ご入金確認後に発送いたします

代引きご利用いただけます
カード支払い、クレジット支払いに対応します。sagawa

宅急便コレクト お届け時カード払い

 



パソコンやスマートフォンからお申し込みいただけます
まずはWEBクレジット シミュレーションをご確認ください


上記バナーをクリックすると、概算の支払い計算が簡単に行えます

ホーム