【ブログ】ヴィンテージペダルとシールド

こんにちは。Waddyです。
中古ペダルコーナーはまだまだ盛り上がっております!

webサイトに載ってないものの方がまだまだございます。
こればっかりは早い者勝ちです。
気になったものがあったらお問い合わせください。
現在のリストはコチラ↓※それぞれクリックで別ページにてご覧いただけます。
VINTAGE PEDALS
USED PEDALS

さて、そんな中でまだ一つ勉強になった事がございましたので、こちらにて綴ってまいります。

既にチェックされたペダルを出荷前に最終チェックをしていた時の事です。
先日チェックをしていた時に出ていなかったノイズが、私がチェックしてみたらめちゃくちゃノイズが出る…。
昨日の今日でそんな事になる⁉

何が起こった!?

と原因を調べてみようとしたら村田氏が一言

そのシールドでチェックしたらダメだよ…。

と…。
え⁉いつも問題ないシールドなのにどうしてノイズが⁉
と原因を聞いてみました。

私がチェックで使用していたケーブルはVOVOX

VOVOXはクリアーで奥行きのあるサウンドが魅力のケーブルです。
このクリアーさが良くて、私もよく使っております。
VOVOXはシールドされていないんです。(もちろん全くシールドされている訳ではないのですが、この部分は触れてしまうと長くなりますので、今回は飛ばします。)
だからこそこのクリアーさがあると言ったら良いのでしょうか。
そもそもVOVOXはスタジオ等のノイズ対策がしっかりしたところで、使用することが推奨されています。ライブステージ等のライトが強いところではお勧めしないとの事です。

そういった事もあり、ヴィンテージ系のペダルでは相性が悪い事があります。
※全てが全て相性が悪いという事ではございません。
ヴィンテージペダルとの相性はもう試してみるしかないので、根気よく試してみましょう。
実際に大丈夫なペダルもありましたので。

シールドだからなんでも大丈夫って事ではないんですね。
また一つ、勉強できました。

ちなみに私がVOVOXを使いだしたのはとあるギタリストの影響です。
あれ⁉でも普通にライブでVOVOX使っていたような…。
どうやってるんでしょうかね?
この辺りもまた掘り下げていければと思います。
それでは。

渋谷店 和田

~お知らせ~
当店ではVOVOX、Albedo、VAN DAMMEの試奏用ケーブルご用意しております。
気になる方はぜひお試しください。

ストックリストはコチラ

 

渋谷店へのお問い合わせはこちらから

 

楽器購入時のお支払い方法をお選びいただけます

銀行振込での決済利用時は事前に商品在庫を確認ください
ご入金確認後に発送いたします

代引きご利用いただけます
カード支払い、クレジット支払いに対応します。sagawa

宅急便コレクト お届け時カード払い

 



パソコンやスマートフォンからお申し込みいただけます
まずはWEBクレジット シミュレーションをご確認ください


上記バナーをクリックすると、概算の支払い計算が簡単に行えます

ホーム