【ブログ】Yokoyama Guitars最新モデルが到着しました。

こんにちは、橋川です。

先日、横山氏に連絡した際に「新しいギターが完成しているよ。」との朗報をいただきました。早速、サイドパーク店に送っていただけるようお願いしたところ、本日入荷しました!

どちらもオーディトリアムのラウンドカッタウェイ仕様「AR」。ヨコヤマギターズの中では一番人気のあるシェイプです。今回はどんな仕様なのかワクワクです。

AR-GC / German Spruce & Camatillo

こちらは「AR-GC」。

ジャーマンスプルーストップにカマティロのバック&サイドを採用しています。しかも、バックのカマティロ材は今となっては非常に貴重な3ピース材です。もともと大きな材料が取りづらいカマティロではありますが、現在、Yokoyama Guitarsでも4ピース、5ピースバックがメインになってきており、3ピースのバック材はストック数も少なくなってきています。

豊かな低音とインパクトのあるルックスで、とても人気のあるバック&サイド材です。

ワイルドな杢目が特徴的ですね。材料の色味も個体によってかなり異なり、色が濃い材料から淡い材料まで様々です。

AR-GB / German Spruce ( Bear claw ) & Brazilian Rosewood

こちらはブラジリアンローズウッドバック&サイドを採用したオーディトリアムです。

バックのブラジリアンローズウッドにはきれいなサップと、フレイムが出ています。最近、ブラジリアンローズウッド材は非常に稀少で、価格も高騰しています。

比較的小さなボディサイズの材料ならまだ手に入るのですが、ヨコヤマギターズのオーディトリアムやスモールジャンボサイズとなるとなかなか入手困難です。ヨコヤマのオーディトリアムはコンパクトに見られがちですが、ボディ下部の幅はマーチンのDスタイルほどありますので、思いのほか大きいのです。ボディのくびれがあるので少しコンパクトに見えるのかな?!

それにしてもきれいなブラジリアンローズウッドです。バインディング材にはコアを採用しています。

こちらの個体のヘッドバックには新しい試みが。

ヘッドバックのラミネートにコア材を採用しています。

今までにローズウッドや、ブラジリアンローズウッドを採用したことはありましたが、コア材のラミネートは初めてです。杢も入っているのでとても雰囲気があって素敵な仕様です。

2本とも早速WEB掲載の準備をしたいと思います。詳細は今しばらくお待ちください!

近いうちにサンドサンプルもご用意したいと思います。

もちろん店頭でお試しいただけますので、ぜひチェックしてみてください。ご来店お待ちしております!

・・・なんか、工房へ行きたくなってきましたね。笑

フーチーズ サイドパーク店 橋川 / 042-316-6113