【ブログ】材を選ぶ

こんにちは。Waddyです。
前回に続きましてオーダーフェア関連の内容を。
渋谷店では現在、カスタムオーダーフェアを開催しております。

※↑画像クリックでフェアページが見れます。

「スタッフがオーダーするならどんなギター?」で、私はAb’sをベースに考えている中で、出てきた疑問を下記のブログで解決。

【ブログ】トグルスイッチとレバースイッチで音が??
【ブログ】HSH? HH+S?
※それぞれクリックで別ページでブログが見れます。

スイッチや配線が決まったところで、ようやく本題へと移ります。
ここまでが長かったな…。
ですが、こうやって色々と悩むのも

カスタムオーダーの醍醐味です!

さて、ここからはカスタムオーダーの最大の醍醐味といってもよい材選定。
店頭では実際に材をみて選ぶことができます。
もちろんそこで気に入った材を製作に使用することが可能です。
こんな感じでストックございます。

ではトップ材を選んでいきましょう。
ここではストックの中から私が個人的に見た目でチョイスしたものをいくつか。
まずはフレイムメイプル&ハードメイプル

キメの細かいフレイムからワイルドに出たフレイム。真ん中のいかにも固そうなメイプルはいい音しそうですね。
そしてキルトメイプル

左のはいかにも王道な珠杢が綺麗な材です。中央と右側は杢が凄すぎてどういって良いのやら…。
ちょっと出過ぎじゃないかというくらい出てますね。もうギラギラです。
そしてちょっと変わった材。

レッドウッド、バールメイプル、ウォルナットといった具合です。
中央のバールメイプルは生地着したら面白い具合になりそうですね。

こんな感じでたくさんの材のストックがございます。
良いのが揃ってますので、目移りしてしまい、実際にこれだけ選定するにもちょっと時間がかかってしまいました。
さて、そんな数ある材料の中から私が選んだのはコチラ!

コンセプトとしてはロックでストレートなサウンドを狙っています。
ラックシステムによる空間系エフェクトも多用しますし、ハーフトーンでクリスタルクリーンをシャキーンと決めたいのもありますので、固めの音が出る方向でチョイスしています。
なので、指板もエボニーをチョイス。
ネックはバーズアイメイプルネックまたはクオーターソーン(柾目)メイプルネックに。
こうなるとボディバックは画像のマホガニーではなくコリーナの方が良いのかな??
音のコンセプトで言えばトップはやはりハードメイプルの方がバシッと決まりそうですが、ここまでのキルトメイプルにはしばらくお目にかかれそうにないので、こちらをあえて選んでいます。
今回選んだ材の理由はこんな感じです。さて、

いい感じになってきましたよ!
この時点でお見積りどのくらいなんでしょうかね…。
※この材でオーダーしたい方はお気軽にお問い合わせくださいませ。お見積りします!

あとは固めのチョイスをしたので、リバースヘッドでちょっとローエンドをルーズにして暴れた感じを…。
ん??Ab’sはフロイド・ローズ搭載ですよね。
ロック式だからナットの所で弦をロックしますよね。

ロック式でリバースヘッドにしたらどうなるの??

新たな疑問が出てきたところで、次回へ続く…。
フェア期間中に終われるのかな…。
頑張ります!!

※今回紹介している材料でオーダーしたいという方はお気軽にお問い合わせください。
お見積りいたします。


和田

 

渋谷店へのお問い合わせはこちらから

 

[wbcr_text_snippet id=”15434″