【ブログ】NEWブランド「 Rabbit 69 」製品が入荷です。

こんにちは、橋川です。

NEWブランド「 Rabbit 69 」製品が続々と入荷してきております。坂本先輩がせっせと検品した最新モデルです。

「 Rabbit 69 」とは?

「 Rabbit 69 」とは、クルーズ代表 吉岡氏の69歳を機に製作されたニューブランドです。
69歳の1年間(2020年〜2021年)のみ、69本の様々なオリジナルギターを製作します。

ブランドは新しいですが、すべてベテランのルシアーさんがハンドメイドしたカスタムモデルです。各モデルを数本ずつ製作致します。貴重な限定生産モデルです。

まずはこちらをご紹介。コンサート・ウクレレ「 More Sweet 」。

ボディ材にオール・メイプルを採用した珍しいコンサート・ウクレレ。
きれいな杢のフィギュアドメイプルです。

製作はクルーズとも馴染みの深いヨコヤマ・ギターズの横山氏が担当しています。30年を越える期間エアドライさせたソフトメイプルを使用することで、驚く程鳴りの良い製品に仕上がっています。フィギュアドメイプルの美しさも然ることながら、ウクレレらしい優しいトーンは実に魅力的です。

ヘッドロゴも吉岡氏によるデザイン。とてもキュートで、ユニークな「うさぎさん」マークです。

続いて、アコースティックギター「 Lucky 13 」

長年アコースティック・ギターを研究してきた吉岡氏入魂のモデルです。

モデル名でも分かるように、13フレット・ネックジョイントを採用した個性的なモデル。一般的な14フレット・モデルに対して、12フレット・モデルのトーンには、特有の響きや柔らかさがあり、あえて12フレットに拘るギタリストは少なくありません。

このモデルはそのサウンドを狙いつつも、使いやすい14フレット仕様のプレイアビリティをも追求したという贅沢なコンセプトでデザインされたのが「 Lucky 13 」です。

製作は日本を代表するマスタールシアー、ヘッドウェイの百瀬氏が担当。シンプルな外観ながら、熟練の経験と技によって狙い通りの製品に仕上がっています。

このモデルにはさらにポイントが。

ボディ材に使用されているのは、「ムーンウッド・スプルース」。
月の満ち欠けのサイクルに呼応して樹木の水分量が変化する現象を利用した理想的な方法で伐採された希少材を使用しています。

ボディ・バック&サイドは、今や希少なトーンウッドとして知られるホンジュラスマホガニー・モデルと、豊かな低音のインディアンローズウッド・モデルをご用意しています。

他にもエレクトリックモデルも入荷しておりますが、また次回にご紹介させていただきます。

各モデルとも、ぜひ店頭でチェックいただければと思います!

橋川