【ブログ】 久しぶりに入荷した、気になるカポタスト。

今回はアコースティックフェアにちなんで、気になるカポをご紹介。

こんばんは、橋川です。

皆さん、カポタストはお持ちですよね?アコースティック弾きなら必ずひとつ・・・いや、3つぐらいはお持ちだと思います。笑

Shubb, Kyser, Dunlop, Ernie Ball, Elliott Capo・・・などなど、同じブランドの中にも何種類もカポタストは存在します。

私も、とりあえず色々なカポタストを購入して、試したクチでございます。特にアコースティックギターは、使うカポタストによって全然と言って良いほどにサウンドが変化します。

もちろん、その音の違いは個人の好みと言えるでしょう。

重量の重たいカポタストを使えば、サウンドもゴツく、サスティーンが効くものになりますし、軽量なものを使用すればより本来のアコースティックギターのトーンに近くなります。

価格差も当然ながらあり、安価なものであれば数百円から、高価なものであれば数万円します。

Shubb Fine Tune Capo ” F-1 “

今回ご紹介したいのはこのカポタスト。老舗 ” Shubb Capo ” から発売されている ” Fine Tune Capo F1 ” です。長らく欠品していましたが、再入荷しました。

カポタストのロールスロイス ” Elliott Capo ” に似た構造ですが、細部にこだわりShubb Capo独自のスタイルに仕上げてあります。

サウンドはナチュラルで、開放弦でも美しい響きが得られます。

このスタイルのカポタストは、極力ギターが持つ本来のサウンドを変化させないよう仕上げられています。しかし、この ” F1 ” は締め付けるダイヤルに少し質量を持たせてあり、いわゆる「Shubb Capoらしい」気持ちサスティーンが効くトーンです。

Kyser KGなどは使用しない時はヘッドに挟んでいる方も多いですが、この ” F1 ” カポは少し異なります。

ダイアルを緩めて、ナット付近にスライドしてダイアルを締め込むとこの通り。

置き場所にも困らない優れものです。このスタイルになれると病みつきになります。ヘッドに挟むカポタストですら少し面倒に感じます。ダイアルも少し大きめですので、締め込みもしやすいモデルです。

あなたのカポタストコレクションに加えて損はないと思います。

気になった方はぜひお試しください。

 

サイドパーク店へのお問い合わせはこちらからどうぞ

楽器購入時のお支払い方法をお選びいただけます

銀行振込での決済利用時は事前に商品在庫を確認ください
ご入金確認後に発送いたします

代引きご利用いただけます
カード支払い、クレジット支払いに対応します。sagawa

宅急便コレクト お届け時カード払い

 



パソコンやスマートフォンからお申し込みいただけます
まずはWEBクレジット シミュレーションをご確認ください


上記バナーをクリックすると、概算の支払い計算が簡単に行えます

ホーム

何かお探しですか?