【ブログ】Crewsの哲学を体現したギター“Aristoteles“とは(第3回)

こんにちは。フーチーズ渋谷店のイワサキです。

Aristotelesをテーマにいくつか特徴やサウンドの傾向をブログでご紹介してきましたが、今日ご紹介するのはAristitelesのカスタムラインとなるモデル。

Crews Maniac Sound/Aristoteles G.T.S

Aristoteles V2と異なり、カスタムラインとなるG.T.Sは、より独自色を強めたモデルと言えます。

 基本となるボディシェイプはTLスタイルながら、ボディ材がワンピースマホガニーからコリーナ(リンバウッド)へ変更されています。このボディ材の変更点が与える影響は明白で、マホガニー材を使用したV2/V2 Tremと比較すると、G.T.Sは音の重心が上がり、中域から中高域にかけてピークがあるのが特徴です。

ネックも使用材から変更されており、ネック材は見た目にも美しいバーズアイメイプル。
指板はサイドスキャロップ加工を施したホンジュラスローズウッドを採用。
輪郭のはっきりとしたアタック音が特徴で、ボディのコリーナ材と合わさることで明るい音像を生み出します。

 ピックアップはオリジナルのCrews CL(フロント)、CUSTOM-T(リア)。
敢えてAristoteles V2の2ハムバッカースタイルから、リアをシングルコイルピックアップに変更している点が、このG.T.Sが持つ音の方向性を決定付けています。コントロール系統もシンプルに、3トグルスイッチと1ボリューム/1トーン。
ブリッジには鳴りにビンテージ感を与える、ウィルキンソンUSA製HTを搭載。
Aristoteles V2/V2 Tremに搭載のブリッジ各種と比べて、オープンな響きが特徴の為、ボディのコリーナ材が持つ音の明瞭さとピークをうまく後押ししてくれます。

ボディサイドに施されたバインディング、ハイグロス仕上げの光沢が1ランク上の高級感を演出します。


特にプレーン弦を弾いた時に、コリーナならではの明るく押し出しの強い密度のある音が感じられると思います。
クリーンサウンドでの軽やかなコードワークや、クランンチサウンドでのブルージーなフレーズ。ダーティーなファズを通して情感的なロックに使用しても似合うでしょう。
また、コリーナ特有のサウンドキャラクターは、バンドアンサンブルで個性を前に出したい時にもいいかもしれません。

さて、ブログで色々なAristotelesシリーズをご紹介してきました。
今回ご紹介したAristoteles G.T.Sが、なぜ「G.T.S.」という名前なのか。
これにもちょっとした面白い逸話があります。
気になる方は、是非店頭でお試しいただいた際にお尋ねください。
思わぬ秘密がスタッフから聞けるかもしれません……。

次回はテーマを変えて、Crews製品の新たな魅力をご紹介していきます。

ーAristoteles 商品ページー

何かお探しですか?