【ブログ】生音もラインも欲張りたいアナタに送る、”今すぐ使いたくなる超実践なエレアコ”、ご紹介いたします

フーチーズ渋谷店のイワサキです。
見慣れない名前が出て来ましたが、私の自己紹介はさておき。

唐突ですが、ここで今の渋谷店の様子を一部ご紹介します。

Crews Maniac Soundのアコースティック製品が渋谷店に続々入荷中です。

いつもは奥のアコースティック専用ルームに展示したりするのですが、
よりカジュアルにCrewsのアコースティック製品に触れていただけるようなスペースとして、メインの売場に特設コーナーを設けました。

そんな特設コーナーの中から今回ご紹介するのは「生音にもラインサウンドにも欲張れる」こちらのモデル。

Crews Maniac Sound ES-1500C

ES-1500Cシリーズは、まさにCrews Maniac Soundならではの趣向に溢れたエレアコ。
その本質はライブユースを重点に置きつつも、あらゆるシチュエーションで”使える”エレアコです。

飽きのこないデザインと、ファッショナブルに楽しめるカラーバリエーションが目を惹きますが、
1000Rのアーチが掛けられたボディートップとバックは、ギターと身体が一体となる感覚と、ストレスフリーな抱えやすさを生み出します。このデザインは引き締まった胴鳴りにも貢献し、密度の濃いアンプラグドプレイを約束。プラグイン時のハウリングにも強いという副次効果まで付いてきます。
さらに、薄く仕上げられたボディにナット幅43mmのネックが相まって、エレキギターから持ち替えた際にも違和感なくスイッチできるため、
「普段エレキしか弾かないけど楽曲のアクセントにアコギの音が欲しい!」
というシチュエーションの方にも驚く程マッチします。

サウンドと共にデザイン周りの意匠を動画でチェックすると、その特徴がより分かります。


動画でも言及していますが、ES-1500Cで特に秀逸な機能が、CrewsオリジナルのRA-02 Preampに凝縮されています。

シンプルなコントロール群ながら、特徴的なのがAIR MIXコントロール。
ブリッジ側のピエゾピックアップと、サウンドホール内に装備されたコンデンサーマイクの音をミックスすることで、ライン出力時に不足しがちなアコギ特有の生々しい音をアンプやPAシステムに送ることが可能。
3バンドEQのサウンドメイクとの相互作用で、宅録においてのアドバンテージも高く、プレイのテンションにも熱が入る事は必至。

エレアコとしての普遍性に加え、実践的で使い勝手のいい機能の融合、そして抜群の取り回し。
プラグインしてのライブユースはもちろん、生音でのアンプラグドから宅録まで……
もちろん、フーチーズでフィーチャーしている「ひとり遊び」的な楽しみ方にも存分にマッチします。
まさに「”今すぐ実践で使いたくなるエレアコ”がそのまま形になったのがES-1500Cなんですよ」、というお話でした。

ちなみに……

Crews ES-1500C Premium Limited Jacaranda

貴重なトーンウッドが入手出来た時にのみ製作される、ES-1500Cのリミテッドモデルも存在します。
こちらのモデルはボディーバックに使用されたハカランダの美しいビジュアルに加え、
さらに際立った音の輪郭とレスポンス、そして重量感のある低域と凛とした高域が混ざりあう絶妙な個体。

どうぞお見逃し無く。

ーES-1500C 商品ページー

何かお探しですか?