【BLOG】ピックアップ交換のビフォー・アフター(PRS/K&T CODA編)

先日オーダーいただいたK&Tピックアップが完成しました。『ネブワーズのJP』を彷彿とさせるCODAハムバッカーです。

今回はオーダーいただいたオーナー様所有/PRS CU24、HFSとVINTAGE BASSピックアップのコンビネーションからのビフォーアフターを動画でご紹介します。

こちらからご覧いただけます

今回の目的は「音ヌケの改善」です。加えて「コイルタップ時のサウンドのバージョンアップ」「5WAYロータリースイッチから3POSトグルスイッチへの変更」となります。

お客様は特別JPファンの方ではございませんでしたが、相談内容から察するに「CODAだな」と思った私がおすすめしました。その理由は「透明感があるのに十分なドライブできる出力/サウンドを持っている」「コイルタップ時のサウンドの素晴らしさ」です。弾き込まれて小慣れたPRSにはきっと会うと思いました。クリーンサウンドでもドライブサウンドでも軽やかに、でも密度のあるサウンド、だと思います。

いつもと同じ様にピックアップ交換に合わせて、楽器本体のセットアップと、一部ワイヤリングパターンの変更を行いました。倍音がより感じられる様になったと思います。なお、動画撮影中にボリュームポットの不具合を発見したので、この後交換し、弦も張り替えて完了です。

という訳で、オーナー様の引き取りはまだなのですが、了承をいただきご紹介させていただきます。

使用機材のセットアップはこちら

CODA…良いですよね。LPに載せたい!

MWrata

Scroll to top