電源ケーブル Sunshine SAC REFERENCE 1.8m

販売価格:16,800円(税別)

お手持ちのアンプや機材を購入時に同梱されていた電源ケーブルから、この電源ケーブルに交換してみてください。ここまでハッキリと「音の違い」が実感できるケーブルは、そうそうありません。

個性的な社長さんのキャラクターと非常に「理にかなった」製品デザイン/サウンドデザインが特徴のサンシャイン社・SAC Reference 電源ケーブル。

ケーブルの特徴に関しては箇条書きで簡単にご説明します。

・ケーブル導体にDIP FORMING 無酸素銅線を使用。

これは米GE社が開発した製法で、品質が安定した不純物の少ない無酸素銅を製造する方法の事を指しています。とにかくケーブルの線材を酸化させない様に求める導体を作り上げる製法です。

・HSE導体処理

完成したケーブルに「ハイパー・サチュレーテッド・エナジャイザー」(略称HSE)と称するケーブル音質改善装置による処理を行う事で音色をチューニングしています。

・ノンシールディング

ケーブルにシールディングを行うと外来ノイズには強くなりますが、音色的に閉鎖的なニュアンスになる事(ややコンプ感の付加など)はよく知られています。ノンシールドの利点はスピード感と開放感、そしてコストパフォーマンスにあります。

・モールドプラグの採用

よく見る高級ケーブルにはホスピタルグレードなどのプラグネジ止め式プラグが採用されています。このSAC REFERENCEケーブルでは安価なモールドプラグ(一体型)を採用しています。その理由はブランドの説明によると「HSEが良くかかり、プラグの癖を消し去ってます。高級プラグは接点ロスには有効ですが、同時に強烈な(音の)色付けがなされています。そのようなことで安物のケーブルの方が品質が良い、という逆転現象が起こっています。まさに奇跡が舞い降りています。」との事です。

実際に試してみた感想

実際、アンプやデジタル製品などに付属している電源ケーブルからサンシャイン・SAC REFERENCEケーブルに交換すると、まず圧倒的に音の「耳障り」が良くなります。一般的にアンプの音量をあげると「音が張ってくる」感じがあると思いますが、それが少なく、心地よい奥行きを感じます。そして、特に真空管アンプでは「アンプの反応速度」が変化します。例えば、弦に指が触れた瞬間の極めて小さな音がハッキリと聴き取れます。そして最大音量付近でも前記した「音の奥行き」が感じられます。アンプ本来の性能を感じることができます。

真空管アンプはもちろん、PCやデジタル機材でも同様に、機材の動作が非常に理想的に働いている印象になりました。ヴィンテージ機材でも同じです。高級ケーブルにありがちな「音の色付け」を極限まで抑えながら「機材本来のパフォーマンスを引き出している」という印象を持ちます。これまで、電源ケーブルは星の数ほど存在する「楽器用ケーブル」の中ではあまりにも選択肢が限られていました。しかしこの音、このパフォーマンスならば… まずはこちらの電源ケーブルを1本、お試しください。もちろんオーディオにもどうぞ。

 

渋谷店へのお問い合わせはこちらから

 

何かお探しですか?