Two Notes Torpedo Studio 【廃盤、店頭展示品特価】

デジタル・スピーカーシミュレーターの先駆けでありトップレベルの実力を持つtwo notesのフラッグシップモデル
※最新OSアップデート済

販売価格:\198,000(消費税込み)

Two Notes Torpedo Studio 【店頭展示品特価】

¥198,000

今すぐ購入する

世界初のデジタル・ロードボックスVB-101の後継機種となるTorpedo Studio
Studioとなってからロードボックスのタイプが「レジスティブ」か「リアクティブ」を選択可能になりました。
リアクティブは自然なサウンド、レジスティブは若干ルーズなサウンドです。

また、リアクティヴ化と共にインピーダンス切替(4Ω|8Ω|16Ω)も可能になり、平衡ライン入力のXLR端子が2CH/コンビネーションタイプになる等、更にプロフェッショナルスペックとなっています。
さらにVB-101に比べて奥行230mm/重量は4kgと更にコンパクトになりました。

Torpedo Studioはスピーカー(50種)、マイクの種類(8種)や位置等、マイキングに関する様々な設定を本機での操作/もしくはPCから行えます。コントロールできるパラメーターも多彩でキャビネットの周波数特性や「歪み」を再現することも可能。
ギターだけでなくベース用のプリセットも用意されており、ライン録音でもスピーカーが鳴っているかの様なリアルなサウンドを録音する事ができます。

IRの使用、信号の位相等、レコーディングに必要な様々な機能があります。

【デュアルモノラル・マイクシミュレーション】
2台のキャビネット+2本のマイクのシミュレートをミックスできます。異なる2本のマイクをスピーカーの前に設置したり、異なる2台のスピーカーを使ってサウンドメイクを行えます。
また、2つのシミュレーションはステレオ出力可能です。

【ポスト・エフェクト】
内蔵するエフェクトも見逃せません。
シンプルで効果的なEQや1バンドのエキサイター、スタジオ品質のコンプレッサーを搭載しています。

【パワーアンプ・シミュレート】
プリアンプを接続し、パワー・アンプシミュレーターとしてもご利用いただけます。真空管パワーアンプのシミュレーション(8種)が用意されており、アンプの構成と真空管の種類を選べます。

【スタジオ品質のサウンド】
アナログとデジタル、2つの優れた回路で最高のシミュレーションを行います。
全体の信号の経路を重要視し、アンプ or プリアンプから、PA|モニター|ヘッドホン|レコーダーに確実に信号を送ります。
これにより、プレイヤーはスタジオ品質のサウンドを扱えます。
以前のモデルと較べてもS/N比が向上し、ノイズが減り、クロストークが少なくなり、プレイの完全なるダイナミクスを確保します。

【リマイキング】
スタジオでは、一旦ドライ音を録音しておいて、ミックス時にサウンドを処理をするということが行われています(リアンプ/リマイキング)Torpedo Studioであれば、この作業も手軽に/気軽に行えます。
DAWに録音する時、ドライ音とシミュレートした音の両方を同時に録ることも簡単です。

スペック
スピーカー入力 1/4インチ・フォーン端子、アンバランス(TS)
最大入力電圧:280 V AC(51 dBu)
セアナログ入力キュリティー・ロード:200 Ω @ 10 W
アナログ入力 コンボ端子 × 2、XLRー1/4インチ・フォーン端子バランス(TRS)/アンバランス(TS)
最大入力レベル:8.70 dBu
入力インピーダンス:20 k Ω バランス、10 k Ω アンバランス
ロードボックス リアクティブ or レジスティブ・ロード(切替)、ノミナル・インピーダンス:4 or 8 or 16Ω(切替)
最大許容入力:150 Watts(適切な換気を想定)
最大許容電力(ピーク):200 Watts(適切な換気を想定)
冷却ファン装備
ハイ・インピーダンス・モード:キャビネットをTHRU 端子に繋いだ時(ロードボックス不使用時)
スピーカースルー 1/4インチ端子、アンバランス(TS)
アナログ出力 XLRバランス × 2
インピーダンス:600 Ω バランス、300 Ω アンバランス
最大出力レベル:
・ロード無し、バランス:11.2dBu
・10 k Ωロード、バランス:10.7dBu
・ロード無し、アンバランス:5.1dBu
・10 k Ωロード、アンバランス:4.9 dBu
ヘッドホン出力 ステレオ 1/4インチ端子
S/PDIF サンプリング周波数:44.1 kHz〜96 kHz
マスター又はスレーブ
AES/EBU サンプリング周波数:44.1 kHz〜96 kHz
マスター又はスレーブ
ADC サンプリング周波数:192 kHz
分解能:24 bits
ノイズレベル:-111 dB (A-weighted)
THD:0.0026%
ステレオ・クロストーク:-109 dB
DAC サンプリング周波数:96 kHz
分解能:24 bits
ノイズレベル:-109 dB (A-weighted)
THD:0.0008%
ステレオ・クロストーク:-106 dB
周波数特性(-1dB) 13 Hz〜45 kHz
レイテンシー Normal latency mode時:5.063 ms
Low Latency mode時:3.064 ms(ライン入力 to ライン出力)
熱保護 冷却ファンで温度を調整
115°C でディスプレイに警告表示、出力信号をミュート
125°C でロードボックス機能停止、アンプの出力を200 Ωロードに接続して安全にロードし、アンプ温度を下げます
電源 IEC60320 C14 電源端子
入力電圧:100V AC、50/60 Hz
消費電力:約10 W
寸法 幅440 mm,(483 mm:ラック耳含む)
奥行:180 mm(230 mm:コネクター&ノブ含む)
高さ:88 mm
重量:4 kg

 

渋谷店へのお問い合わせはこちらから

 

楽器購入時のお支払い方法をお選びいただけます

銀行振込での決済利用時は事前に商品在庫を確認ください
ご入金確認後に発送いたします

代引きご利用いただけます
カード支払い、クレジット支払いに対応します。sagawa

宅急便コレクト お届け時カード払い

 



パソコンやスマートフォンからお申し込みいただけます
まずはWEBクレジット シミュレーションをご確認ください


上記バナーをクリックすると、概算の支払い計算が簡単に行えます

ホーム