渋谷店:Two Notes Torpedo Captor X

販売価格:¥68,000(消費税抜き)

iOSでも操作が可能。Torpedo Captor(リアクティヴ・ロードボックス/アッテネーター)に、スピーカー・キャビネット・シミュレーターとIR機能を加えたマルチデバイスが登場。

8オーム対応/最大入力100Wのリアクティヴ・ロードボックス/アッテネーターであるTorpedo Captorに、スピーカー・キャビネット・シミュレーターとIR機能を加えたモデルです。キャビネットやマイクのシミュレーションはもちろん、出音や録り音にしっかりとこだわることの出来るエフェクトも搭載。

また本機はPCやタブレット、スマホに接続し専用アプリでの拡張操作が可能です。ハード単体でもPRESETノブで6つのプリセットを呼び出し可能。MIDIコントローラーを使用した場合には最大128個のプリセットを呼び出すことも可能です。

〜主な4種類の機能〜

ロードボックス機能
昼夜を問わず、自宅で好きな時間に録音、ヘッドホンやモニター・スピーカー等から必要最小限の音量で真空管アンプのサウンドを楽しむことができます。8オーム対応/最大入力100W

●アッテネーター機能
キャビネットから出る音の音量を調節することが可能です。マスターボリュームのない真空管アンプのドライブサウンドを適正な音量で鳴らしたい場合などに有効です。アッテネート・レベルは2段階でステージ(-20dB)/自宅(-38dB)などの使い方ができます。

●バーチャル・キャビネット機能
デフォルトで32種のバーチャル・キャビネット、8種類のマイク(最大2本を好きなポジションに設置可能)Two notesのWEBにて別途キャビネットデータも追加購入が可能です。詳しくはこちらのメーカーサイトでご確認頂けます。http://www.electroharmonix.co.jp/twonotes/torpedo-captor-x.html

●IRを使う
最大で512個のIRを読み込み可能。IRの読み込みはTorpedo Remoteアプリにて20 /40/100 /200 ms のIR を読み込みが可能です。

〜手軽な操作性〜

本機はPC、タブレットのみならずiOS搭載のスマートフォンでもスピーカー・シミュレート、エフェクト、IRなど様々な機能を操作可能です。専用アプリ(Torpedo Remote)をインストールし、PCの場合はUSB、スマホ/タブレットの場合はBluetoothで接続。キャビを選びマイクを立て、エフェクトやレベルを設定し、プリセットの作成が可能です。もちろんサードパーティ製IRでプリセットを作成することも可能。

エフェクトにはノイズゲート、EQ、エンハンサー、リバーブ、ツイン・トラッカーを搭載。ツイントラッカーとはダブル・トラックを自動生成する機能で、二人で同時にプレイしたような厚みのあるサウンドを得ることが可能です。

SPEC

スピーカー入力端子6.35mm(1/4″)アンバランス(TS)
IN LEVELスイッチで入力感度を設定
HIGH:0 dB
LOW:-15 dB
ロードボックス・インピーダンス
スピーカー出力端子6.35mm(1/4″)アンバランス(TS)
左/右出力端子XLRバランス
最大出力レベル15 dBu @ 600Ω
ヘッドホン端子6.35mm(1/4″)ステレオ(TRS)
MIDI入力端子1/8″バランスTRS、1/8″ to MIDI変換ケーブル付属
USB端子Micro USB Type B、Micro USB Type B to USB Type A変換ケーブル付属
ADC/DACサンプリング周波数:96 kHz、解像度:24ビット
周波数特性30 Hz〜19 kHz
最小レイテンシー2.2 ms(ライン入力 to ライン出力)
THD+N0.03%(IN LEVEL 0 dB、正弦波1 kHz 4 dBu)
S/N比95 dB
電源AC100〜240 V、出力:DC12 V @ 1A
寸法128W×175D×64H mm
重量1.3 kg
 

渋谷店へのお問い合わせはこちらから

 

楽器購入時のお支払い方法をお選びいただけます

銀行振込での決済利用時は事前に商品在庫を確認ください
ご入金確認後に発送いたします

代引きご利用いただけます
カード支払い、クレジット支払いに対応します。sagawa

宅急便コレクト お届け時カード払い

 



パソコンやスマートフォンからお申し込みいただけます
まずはWEBクレジット シミュレーションをご確認ください


上記バナーをクリックすると、概算の支払い計算が簡単に行えます

ホーム

何かお探しですか?