【SP店】Headway ヘッドウェイ HJ-Fuyuzakura ’19 / ATB 飛鳥チームビルド製

ブランド:Headway

モデル名:HJ-Fuyuzakura ’19 ATB

メーカー希望小売価格(消費税込み)オープンプライス

販売価格(消費税込み)302,400円

飛鳥チームビルド製。人気の ” SAKURA ” シリーズ特別生産モデル!!

入手困難な特別生産モデル!!
当店スタッフの現地オーダー品が待望の入荷です。

今年も長野のヘッドウェイ工場にて開催された商談会へ赴き、実機をチェックの上選定してきました。
アコースティックギターならではの個体差を楽しみながら、贅沢に選定。

本機もサウンドバランスの良い、お勧めの個体です。

「SAKURAモデルでいいのがあれば・・・」と思っていたので、良い仕入ができました。
HDやHFも試しましたが、今年最もグッと来たのがHJ。
いいバランスです。

本機はトップ材にはホワイトスプルース。
優しいタッチでも立ち上がりの良い素晴らしい材です。

サイド&バックは杢も美しいミズメサクラを採用しています。
ルックスのみならず、温かみのある倍音豊かなサウンドに仕上がっています。

インレイも美しい仕上がりです。
流石ATBモデルだなと思わせてくれるクオリティですね。


【Introduction】

Headway Fuyuzakura
冬に咲く桜をモチーフとした2019年冬桜モデル

Fuyuzakura:桜といえば春ですが、一度目は10月〜1月に、そして二度目は4月に、年に2回花を咲かせる「冬桜」という桜の木があります。
冬時期の花は、少しずつ咲き初め、少しずつしぼんでいくといいます。
同じ桜と言えど、一度に咲き派手に舞い散る春の桜とは少し違う、控えめな印象をあたえる「冬桜」のイメージをギターに落とし込みました。

いつもの桜とは違った印象の冬桜モデルを是非お試しください。

2019年限定モデルでは、ボディサイド&バックに、和材「ミズメザクラ」を使用しています。

桜とは全く別の木材ですが、密な樹肌と材の様子が良く似ていることから”水目桜”と呼ばれています。
※ミズメザクラはカバザクラと同材です。

Advanced Rear Shifted X Bracing:ブレイシングには2017年より製品化されたARS(アドバンスドリアシフトブレイシング)を採用。
ノーマルの位置から若干ブリッジ側に寄せたレイアウトであり、1音1音しっかりと鳴り響き、芯のある迫力のサウンドを実現。また、位置をブリッジ側へ寄せることでトップ材に対しての丈夫さも増しています。


【スペック】

  • ボディ(トップ):White Spruce
  • ボディ(サイドバック):Mizumezakura(Kabazakura)
  • ネック:African Mahogany 1P
  • 指板:Ebony
  • ナット:Oiled Bone
  • ブリッジ:Ebony
  • マシンヘッド:GOTOH/SG301 05 GG
  • スケール:628mm
  • ナット幅:43.0mm
  • ブレイシング:Scalloped Advanced Rear Shifted X Bracing
  • フィニッシュ:Thin Urethane
  • アクセサリー:ハードケース、六角レンチ、保証書

HEADWAY商談会特集ページをチェック!!

Scroll to top