Crews Maniac Sound Vintage Line

クルーズマニアックサウンド ヴィンテージラインとは

Crews Maniac Soundがプロデュースするマニア向けのラインが、このヴィンテージラインです。稀少なトーンウッドを惜しみなく使用し、抜群のプレイアビリティ、そしてヴィンテージ楽器の様に奥行きのある響きを持っています。

僕らがトラディショナルなギター/ベースに「こうあってほしい」というイメージや、自分たちがヴィンテージに手を入れて「使えるギター」としてミュージシャンに渡したノウハウを落とし込んでいる。

クルーズ代表 吉岡氏

ヴィンテージ楽器のコピーではなく、あくまで「ヴィンテージトーンを持つ楽器」をコンセプトにしております。

稀少なトーンウッドを惜しみなく使用

クルーズ代表吉岡氏は楽器の音は70%以上が”木”で決まると言っても過言ではないと言います。極上のキルトメイプルやハカランダ、エボニー、ホンジュラスマホガニーなどの希少なトーンウッド材を惜しみなく使用してますが、必要によっては更に寝かせたり、“鳴る状態”となった材を選び抜き製作されます。

製作工程へのこだわり

クルーズの楽器は時間と手間をかけて丁寧に作り上げられます。これは木が生きてるからであり、木材のコンディションを正確に把握しつつ、呼吸を合わせるかの様に加工していくためです。”先人達が取っていた手法・古き良き時代の製法を踏襲しつつも、クルーズなりのアレンジを加え、良いものをつくる”といった想いから製作されております。

K&Tピックアップの採用

多くのクルーズ ヴィンテージラインのモデルにはK&Tピックアップが標準採用されております。ヴィンテージピックアップの中でもなかなか出会うことの出来ない良個体を製作する高野氏のピックアップはギター自体の豊かな鳴りやプレイに対する繊細なニュアンスなど、様々な情報を見落とすことなくクリアかつ素直にアウトプットします。

拘り続けるということ

コンデンサはその機種にベストなものをN.O.Sからチョイス。配線材も選定されたものを使用。本体の豊かな鳴り、繊細・高精度なピックアップ、最終的な音の通り道であるアッセンブリー。ここでサウンドコントロールにおける挙動が決まります。様々な要素が絡み合いひとつのトーンとなるギターという楽器。細部までヴィンテージトーンに拘り抜きます。

Reunionは”オリジナル1964年モデル”をサンプリングしました。ネックの厚さが音に与える影響は、良い楽器になるほど比重を増します。音の一番大切な立ち上がりに関係するからです。グリップが薄いとトーンはブライトに、逆にグリップが厚いとファットになる傾向があります。これを踏まえて絶妙なバランスを持っているのが1964年モデルです。これに強度とトーンを意識しヘッド・バックにはボリュートを採用。、力強くもヴィンテージ楽器の様な立ち上がりの良さが感じられます。Reunion ⅡではクルーソンタイプのブラスポストペグKEY’STONEを採用し軽やかな鳴りを追求。今すぐ現場で使いたいセミアコースティックギターです。

木材は選別されたワンピース・アルダーボディー、ハードメイプルネック、ブラジリアンローズ指板などを採用。トーンウッドの持つ、深みのあるサウンド、そしてラッカー塗装の乾いたサウンドがポイントです。スラブ貼りのST-60シリーズ、ワンピースメイプルネック仕様のST-59などのラインナップがございます。最新モデルではオフセットボディを採用。本体とK&Tピックアップの仕様の組み合わせも含め、細分化されたバリエーションがマニア心をくすぐります。

ワンピースライトウェイト・アッシュ・ボディー、ハードメイプルネック、ブラジリアン・ローズウッド指板のLete 50’s/Early 60’sスタイル。モデルとなった時期のTLは、多くのロックミュージシャンに愛されました。ジミー・ペイジ、シドバレットといったハードロック・サウンド創世記の重要人物、そしてジャズとブルース/ロックを融合させ、さらに歌心豊かに音楽を作り上げるロベンフォードの愛用するTLもこの「スラブ指板・アッシュボディー」という仕様です。

クルーズヴィンテージラインの中でも最上位機種となるのがこのLEDシリーズです。その抜群の弾き心地とヘッド・トップからボディーエンドまで、楽器全体で鳴るのが特徴。この鳴り感はクルーズ独自のものでしょう。LED-1959はハードメイプルトップ、ワンピースホンジュラスマホガニーボディ、同じくホンジュラスマホガニーのネックとあわせた上質なブラジリアン指板を採用。LED-CUSTOMはオリジナル初期のセオリーに従ってワンピースホンジュラスマホガニーボディ&ネック、エボニー指板を採用。オールマホガニーならではの強烈な低域の力強さ。そしてミッド〜ハイにかけてのアコースティカルな「鳴り」が心地良いギターです。

希少な大判トーンウッドを惜しみなく使用。EX-BROOKはワンピースホンジュラスマホガニーボディ&ネック、ブラジリアン指板を採用。EX-MAGICではコリーナボディ&ネック、ブラジリアン指板を採用。これだけ大型のボディーでありながらアコースティカルに鳴る、その事実には驚きがあります。カットされたEXPシェイプをもつSUPER-EXでは通常よりも抱えやすい点はもちろんですが、サウンドにも大きな変化あり、サスティーンの余韻が心地よく、同じセットネックモデルでもLPともSGとも、もちろんFVとも異なる鳴りだと言えます。

これだけ多様なバリエーションの”V”を製作している国内メーカーも数少ないと思います。”V”の構造、あり方を理解しマテリアルやパーツ、ピックアップ、それらを絶妙なバランスで共存させ、マニアをも唸らせるのがクルーズの”V”です。V-KINGはコリーナボディ&ネックにブラジリアン指板、V-QUEENはホンジュラスマホガニーボディ&ネックにブラジリアン指板、V-CUSTOMはホンジュラスマホガニーボディ&ネック、エボニー指板、ALVはメイプルをラミネートしたウォルナットボディ、マホガニーネックにインディアンローズ指板という仕様。アルバート・キングをリスペクトしたモデルです。

クルーズベースの最高峰。拘りのトーンウッドを贅沢に使用したワンピースボディ、ラッカー塗装、ライトレリック処理。K&Tハンドワインディングピックアップをマウント。軽やかに鳴りながら、深い低音を生み出します。コンデンサにもNOS品をチョイスするなど、定番の仕様でありながらレギュラーラインよりワンランク上のベースに仕上がっています。

T Bee-57では「57年製モデルの名機」を現代に蘇らせました。2Pアルダーボディ、1Pハードメイプルネック、クラウディラッカー・フィニッシュをを採用。ピックアップには、このモデルのためにオーダーしたK&Tのカスタムモデルを搭載しています。ナチュラルでアコースティックな生鳴りを生み出します。

フーチーズ渋谷店へのお問い合わせはこちらからどうぞ

[contact-form to='shop@hoochies.info' subject='オフィシャルサイトからの問い合わせ'][contact-field label='お名前 NAME' type='name' required='1'/][contact-field label='メールアドレス MAIL ADDRESS' type='email' required='1'/][contact-field label='お問い合わせ内容' type='select' required='1' options='商品に関する問い合わせ,お支払いに関する問い合わせ,セットアップに関するお問い合わせ,その他'/][contact-field label='コメント' type='textarea' required='1'/][/contact-form]

楽器購入時のお支払い方法をお選びいただけます

銀行振込の場合は
ご入金確認後に発送いたします
商品の在庫を確認ください

 

web

代引きご利用いただけます
通販ご利用時にもカード支払い、クレジット支払いに対応します。sagawa

宅急便コレクト お届け時カード払い

 



パソコンやスマートフォンからお申し込みいただけます
まずはWEBクレジット シミュレーションをご確認ください


上記バナーをクリックすると、概算の支払い計算が簡単に行えます

JACCSでも事前に確認することも可能です
上記バナークリックでJACCSサイトへリンクします
*こちらはお申し込みサイトではなく、シミュレーションサイトとなります。
実際のお申し込みと全く同じ様に入力し、確認することができます

 

ホーム

何かお探しですか?