【特設ページ】Crews Fretless Bass Guitars

クルーズマニアックサウンドのベースシリーズの中でも「フレットレス・ベース」は、不動のラインナップとして現在もプレイヤーの皆様から絶大な支持を受けています。

フレットレス・ベースは60年代中期頃には製品として登場しておりましたが、その存在を世に広く知らしめたのは”ジャコ・パストリアス”であったとことは言うまでもありません。JBベースのフレットを外す事で革新的なテクニックと「より一層の表現力」を見せてくれました。『フレットレス・ベースの可能性』を知らしめ、のちに続く多くのベース・プレイヤーに影響を与えたと言えるでしょう。

クルーズベースでも当初カスタムオーダーという形でフレットレス・ベースを製作しておりましたが、多くのミュージシャンが求める仕様を落とし込み、90年代にレギュラーラインでもフレットレス・ベースを販売開始、当初からJackson4/5というクルーズの顔とも言えるベースがラインナップされていました。このモデルはプレイヤーからエンジニアまで、絶大な支持を受けており現在もロングセラーを続けています。そんなクルーズベースの信条は「弾きやすい事」「演奏に集中できるベースである」という事に集約されます。もちろん、フレットレス・ベースの各シリーズも例外ではありません。ジャクソン・シリーズを筆頭にクルーズのフレットレス・ベースをご紹介します。

クルーズベースの”顔”とも言えるロングセラーのフレットレス・ベース。ジャクソン・シリーズはクルーズならではの弾き易さに加え、非常に硬質なアタック、そしてリッチでヘヴィーなサスティーンが持ち味です。また、延長指板上に指を置き演奏する事で、ゆったりしたボトムも感じられるでしょう。フレットレスベースのウィークポイントである音の立ち上がりに注目し、ポリウレタンの硬質なコーティングを指板に施しています。これにより、フレットレスのサウンドをキープしながら、音像(アタックサウンド)をしっかりと浮かび上がらせます。インストやビックバンド、R&B、クラブミュージック、またジャズからニューウェイヴなエレクトリックサウンドまで…今の時代「だからこそ」フィットする楽器だと思います。このロングセラー・フレットレス・ベースの「心地よく、主張ある音色」をお試しください。

ボディ形状とマテリアル

ボディー形状はJBスタイルを踏襲し、ライトウェイト・アッシュボディを採用しています。
また、Jackson5 MPモデルはキルトメイプル・トップ/ライトウェイト・アッシュ・バックをボディに採用しています。

ネックと指板

メイプルネック/エボニー指板を採用、指板には厚めのウレタンコーティングを施しています。
これにより、一般的なフレットレスベースに比べ、フレッテッド同等の弾き心地を持ちます。

ピックアップ

ピックアップ、Jackson4はEMG 35DC(JHモデルはネックPUにEMG J)を搭載、Jackson5はEMG 40TWを搭載しています。
※写真はJackson 4 JHのピックアップ

ハードウェア(ブリッジ)

シリーズ当初から採用されていたセパレート・ブリッジに代わり、Hipshot A-styleを採用しています。
ブリッジの変更により、テンション感がより通常のベースに近くなった印象です。
※写真はJackson 4のブリッジ

ハードウェア(マシンヘッド)

マシンヘッドはJackson4はGotoh GB-30、Jackson5はGotoh GB-11Wを採用しています。
※写真はJackson 4のヘッド

コントロール

Jackson4は1ボリューム、トレブル&ベースEQ、プリアンプ・バイパス・スイッチを搭載(JHモデルはピックアップ・バランサー・コントロールが追加)。
Jackson5は1ボリューム(プッシュ/プルでコイルタップ可能)、トレブル&ベースEQ、プリアンプ・バイパス・スイッチを搭載しています。
※写真はJackson 4のコントロール

Jacksonシリーズのラインナップはこちら

Uncle Fatは、セミホロウ仕様のフレットレス。ロングスケール採用のトラディショナルなスタイルでありながら、パーカッシブなフレーズに最適なアコースティック・サウンドを持っています。一般的なJBサイズよりも一回り小さいボディからは、想像も出来ないビッグでウッディーなサウンドを奏でます。また、弦はLa Bella Deep Talks’ Bass Strings 760FL(フラットワウンド弦)を標準で採用しています。ラウンド弦を張る事で、音数の多い楽曲の中でも存在感を発揮します。

ボディ形状とマテリアル

ボディ形状はJBスタイルですが、Uncleシリーズ共通で、ボディサイズが一般的なJBサイズより一回り小さくなっています。また、Uncle Fat Ashモデルはアッシュのセミホロウ・ボディを採用しています。マホガニーモデルとは違った歯切れのいいパーカッシブなサウンドをアウトプットします。

ネックと指板

メイプルネック/エボニー指板を採用、指板はノンコーティングとなっており、アコースティカルで生々しく、よりパーカッシブにプレイすることができます。

ピックアップ

クルーズオリジナル・ピックアップを採用、Uncle Fat Ashモデルは、PJレイアウトを配しています。

ハードウェア(ブリッジ)

ブリッジにはヴィンテージタイプのスパイラルブリッジに代わり、精度の高いアルミ製ベースブリッジ、Hipshot製のA-Styleブリッジを採用しています。

ハードウェア(マシンヘッド)

マシンヘッドにはGotoh GB-30を採用しています。

コントロール

コントロールは1ボリューム、ピックアップ・バランサー・コントロール、トレブル&ベースEQ、プリアンプ・バイパス・スイッチを搭載。TBC-1プリアンプは非常に多彩なサウンドを作り出すことも可能で、ON/OFFの際の「音の差」も感じません。

Uncle Fatラインナップはこちら

【※入荷待ち※】
再入荷が待ち望まれる定番のJBスタイル・フレットレス。ギミックは無し。クルーズの弾き心地とテンション/バランスが生み出すフレットレスサウンドは、初めてフレットレスを手にする皆さんはもちろんですが、長年様々なフレットレス・ベースを演奏されてきたプレイヤーの皆さんから絶賛されています。ジャコの様なスタイルは勿論ですが、ラウンジ/ハウスミュージックやポップスにもハマるそのフラットかつアグレッシヴなサウンドはありそうで無かったフレットレス・ベースのスタンダードと言えます。

何かお探しですか?