Crews Maniac Sound Bassとは?

クルーズマニアックサウンドのベースとは

1990年代からスタートしたクルーズマニアックサウンドのベースシリーズ。当初はカスタムオーダーのみで製作され、好みのネックとボディー、そしてハードウエアとエレクトリックを組み合わせる「コンポーネント・スタイル」でした。このベースが当時のスタジオミュージシャン/演奏家に好評であったことや、多くのミュージシャンが求める仕様が似ていた(求める音、要望は皆さん同じだった)事もあり、ラインナップを決め、6本から12本をロッド生産にて販売するようになります。この時、JB-Modern、そしてJackson4/5、Be Bottom’ 21/24という不動のラインナップは既に完成していました。その後、さらに多くのプロミュージシャンやバンドマンのフォローを受けて、ラインナップを増やし続けています。

クルーズベースの信条はとにかく「弾きやすい事」にあります。

長時間の演奏においても疲れないプレイアビリティー。ローアクションを可能にするだけでなく、ローアクションでも弦のテンションが乱れず、正しいイントネーションでプレイできる楽器全体のバランス感。

国内外のミュージシャンが絶賛するのは楽器のダイナミクスと自由度の高さです。「こういう音が出ます」という楽器ではなく「こういう音が出したい」というプレイスタイルに添うことができる楽器。それがクルーズ・ベースの魅力だと思います。

何かお探しですか?